2015年02月02日 12時00分 公開
特集/連載

「会社PCの起動が遅い」と思ったら見直したい「Windows」設定「Windows 8.1」の起動を高速化

社内ネットワークに接続する「Windows 8.1」マシンは、グループポリシーの同期処理によって、起動が遅くなることがある。この問題を解決するには、Windows 8.1と「Windows Server 2012 R2」でキャッシュを有効にすることを検討されたい。

[Jonathan Hassell,TechTarget]

 企業のIT管理者の多くは、「会社のPCが起動するまで時間がかかる」と従業員から苦情が寄せられ、対応した経験があるのではないだろうか。その場合、グループポリシーの同期処理が原因となっている可能性がある。この同期処理は、ユーザーインタフェースからフォーカスを奪い、Windowsの動作を一時停止させる。その間、IT部門の管理下にある特定の設定の変更やネットワーク接続が必要なソフトウェアのインストールが行われている。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...