2015年02月02日 12時00分 公開
特集/連載

「会社PCの起動が遅い」と思ったら見直したい「Windows」設定「Windows 8.1」の起動を高速化

社内ネットワークに接続する「Windows 8.1」マシンは、グループポリシーの同期処理によって、起動が遅くなることがある。この問題を解決するには、Windows 8.1と「Windows Server 2012 R2」でキャッシュを有効にすることを検討されたい。

[Jonathan Hassell,TechTarget]

 企業のIT管理者の多くは、「会社のPCが起動するまで時間がかかる」と従業員から苦情が寄せられ、対応した経験があるのではないだろうか。その場合、グループポリシーの同期処理が原因となっている可能性がある。この同期処理は、ユーザーインタフェースからフォーカスを奪い、Windowsの動作を一時停止させる。その間、IT部門の管理下にある特定の設定の変更やネットワーク接続が必要なソフトウェアのインストールが行われている。

ITmedia マーケティング新着記事

news133.jpg

アレン・マイナー氏×境真良氏 「日本企業的DX」の神髄とは何か
異色の大物対談で語られたDX(デジタルトランスフォーメーション)の核心とは何か。

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。