2015年02月02日 12時00分 公開
特集/連載

「会社PCの起動が遅い」と思ったら見直したい「Windows」設定「Windows 8.1」の起動を高速化

社内ネットワークに接続する「Windows 8.1」マシンは、グループポリシーの同期処理によって、起動が遅くなることがある。この問題を解決するには、Windows 8.1と「Windows Server 2012 R2」でキャッシュを有効にすることを検討されたい。

[Jonathan Hassell,TechTarget]

 企業のIT管理者の多くは、「会社のPCが起動するまで時間がかかる」と従業員から苦情が寄せられ、対応した経験があるのではないだろうか。その場合、グループポリシーの同期処理が原因となっている可能性がある。この同期処理は、ユーザーインタフェースからフォーカスを奪い、Windowsの動作を一時停止させる。その間、IT部門の管理下にある特定の設定の変更やネットワーク接続が必要なソフトウェアのインストールが行われている。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...