2006年07月13日 09時13分 UPDATE
特集/連載

Case Studyニューヨーク近代美術館がSANを支持しない理由

高画質の美術データベースを稼働させているアップルのサーバやビジネス用のWindowsサーバが混在する環境にSANを導入することは、技術的にもコスト的にも困難であることが判明した。

[TechTarget]

 ストレージの集中化がブームのようだが、少なくとも、ある大規模組織はそれを支持していない。ニューヨーク市のニューヨーク近代美術館(MoMA)だ。

 MoMAは1929年に教育機関として設立され、今では世界で最も有名なモダンアート/コンテンポラリーアートの美術館となっている。MoMAは2004年に4億ドル規模のリニューアルを終え、現在1日の来館者数は5人〜1万5000人程度。同館のIT環境では、Windows 2000、Windows Server 2003、アップルのMac OS、IBMのOS/400などのOSが動作する100台以上のアプリケーションサーバを保守しながら、6カ所のリモートサイトの750人以上のユーザーをサポートしている。

 MoMAのCIOを務めるスティーブ・ペルツマン氏によれば、同館は5年ほど前に“アルファベット3文字の会社”のSAN(ストレージエリアネットワーク)製品を購入したが、ほどなくして、そのマシンには、あまり重要ではないビジネスデータやテストデータが保存されるだけになったという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

国内動画リワード広告市場が急成長、前年比2.4倍に──fluct調査
fluctは、国内動画リワード広告市場に関する調査を実施。2022年までの市場規模予測を公開...

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...