2006年08月03日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ColumnWi-Fiファイアウォール――「空襲」を防ぐために

ワイヤレス環境のセキュリティを強化するためには、従来型のファイアウォールではなく、Wi-Fiファイアウォールが有効だ。Wi-Fiファイアウォールの選定のポイントを紹介する。

[Lisa Phifer,TechTarget]

 企業でのWi-Fiの利用が拡大するのに伴い、ワイヤレス侵入者から社内ネットワークを防御し、ワイヤレスセキュリティを強化する必要性が高まっている。従来型のファイアウォールは、有線LANを構成するサブネット同士の間に信頼境界を設けるが、Wi-Fiではこういった既存の境界を迂回(うかい)するという悪弊が慣習化している。多くのネットワーク運用担当者は、毎日社内を歩き回り、こういったルール違反のアクセスポイント(AP)を取り締まっており、ITスタッフたちもWi-Fiアクセスをめぐる混乱を収拾するのに苦労している。こうした問題の対処に役立つのがWi-Fiファイアウォールだ。

Wi-Fiファイアウォールアプライアンスの必要性

 「Wi-Fiファイアウォール」というラベルは、さまざまなアプライアンスで使用されている。ワイヤレス対応のSOHO向けファイアウォール(SonicWALLWatchGuardなど)もあれば、ワイヤレスネットワークゲートウェイ(BlueSocketVernierCraniteなど)もある。ここでは、Wi-Fiトラフィックを監視/フィルタリングし、ワイヤレスLANの不正使用やワイヤレス経由の攻撃を防止するサーバを「Wi-Fiファイアウォール」と呼ぶことにする。

 一般に、こういったアプライアンスは無線侵入防止システム(WIPS)と呼ばれ、ワイヤレスLAN(WLAN)全体にわたってセキュリティポリシーを常時適用する。ルール違反のAPがないか調べるために、担当者がすべてのビルのすべてのフロアを定期的にチェックしなくても、Wi-Fiファイアウォールが不正なトラフィックを常に監視し、新たに設置されたAPの接続を自動的に切断してくれるのだ。Wi-Fiの安全な利用を従業員任せにしなくても、Wi-Fiファイアウォールを利用すれば、ポリシー違反のセッションを停止させ、機密データの漏えいを防止することができるのだ。

関連ホワイトペーパー

ファイアウォール | アプライアンス | 無線LAN | VPN


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...