Loading
2010年07月29日 00時00分 UPDATE
PR

ライセンス管理を超えて将来のリスクを最小限に――ソフトウェア資産管理が注目される理由

ソフトウェアの利用を包括的に管理するソフトウェア資産管理(SAM)に取り組む企業が増えている。注目されるSAMの導入について、コンサルティングサービスを提供するクロスビートの篠田仁太郎氏に聞いた。

[ITmedia]

ソフトウェア資産管理が注目される理由

 コンプライアンス(法令順守)やセキュリティへの意識の高まり、コスト削減の狙いなどから、社内で利用するソフトウェアを適切に管理する「ソフトウェア資産管理」(SAM)に注目する企業が増えている。しかし、目に見えないソフトウェアが管理対象なだけに「何をどうすればいいのか分からないという企業が多い」。クロスビートの取締役 チーフソリューションプランナー 篠田仁太郎氏はこう解説する。

 SAMに取り組む企業が増えてきたのは3年ほど前からだ。企業はそれまでクライアントPCやサーバなどを対象とするIT資産管理を行っていたが、ソフトウェアの管理も同時に行わないと本当の最適化が難しいとの意識が企業の中に広がってきた。

TechTarget会員限定記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)






個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報は、情報提供元である「LANDesk Software株式会社」に収集される
  • 「LANDesk Software株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る

個人情報は「LANDesk Software株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


提供:LANDesk Software株式会社

提供:LANDesk Software株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部