2010年08月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

メディア再利用が招く情報流出中古PC、サーバを安全に利用するための施策

情報流出対策で見過ごされがちなのは、メディア再利用の分野だ。大切なデータがメディアに残ったまま再利用されれば、意図せず情報が流出する恐れがある。

[Michael Cobb,TechTarget]

 情報流出の防止には多方面での対策が必要だ。いったん情報が流出すれば、組織にとってあらゆる種類の問題を引き起こしかねない。ブランドや評判が傷つき、競争上の影響や金銭的影響をもたらし、コンプライアンス問題や法的問題に発展することもある。

 ある情報流出防止戦略の一環で、eBayで買った中古のHDDに米軍のミサイル防空システムの情報が入っていたなどという話を聞いた。不要になったHDDを正しく廃棄する必要性を強調する目的で語られたのだ。現在、市場にはメディアの安全な廃棄を保証する製品やサービスが多数あり、CESG Claims Tested Mark(CCTM)の認定製品一覧には、消去・廃棄のための認定製品・サービスとして8種類がリストアップされている。

 しかし、情報流出が起こり得るにもかかわらず見過ごされがちなのは、メディア再利用の分野だ。メディアの再利用でよくあるのは、定期的なバックアップ計画に基づいてバックアップメディアを繰り返し再利用するケースだ。しかしほかにもこれが起こり得る状況は幾つかある。ノートPC、PC、古くなったサーバのHDDを別のユーザーやシステムに割り当てる場合、あるいは小型メモリやCD-RWを別の人物が使う場合などだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...