2011年03月29日 08時50分 UPDATE
ニュース

NEWS富士通BSC、スマートフォン向けセキュリティサービスの30日間無料版を提供

Android端末の初期化、カメラ機能の抑止、アプリケーション利用制限などが可能なサービスの無料トライアル版を提供開始した。

[TechTargetジャパン]

 富士通ビー・エス・シーは3月28日、スマートフォンやタブレット端末向けのセキュリティ管理サービス「FENCE-Mobile RemoteManager」の無料トライアル版を提供開始した。無料トライアルを利用可能な端末の台数は1社当たり最大10台。利用期間は30日としている。

 FENCE-Mobile RemoteManagerは、各種端末の紛失対策や遠隔からの管理を可能とするサービス。同サービスを利用するには、サービス申し込み後、同社から送付されるSMS(電子メール)経由で専用のアプリケーションを端末(クライアント)にインストールすることで開始できる。

 主な機能は、端末やSDカードの初期化の他、ローカルロック解除失敗時の端末初期化モードを設定できる「端末初期化」「端末ロック」、カメラ、無線LAN、Bluetoothなどのデバイスを無効化する「デバイス抑止」、発信可能な電話番号を制限する「発信先制限」や「アプリケーション利用制限」。管理者は、専用の管理コンソール上で、端末/ポリシーの管理、ログ管理ができる。

 なお、現在同サービスはAndroid端末のみに対応しているが、今後はWindows MobileやiOS端末にも順次対応していく予定だという。

 同サービスの正式版は、2011年4月中旬に提供開始する予定。価格は1端末当たり月額315円。

関連ホワイトペーパー

Windows Mobile | Bluetooth | ログ管理 | スマートフォン


ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。