2011年12月02日 22時30分 UPDATE
ニュース

NEWS重複排除バックアップストレージなど3製品を発表 日本HP

重複排除バックアップストレージの最上位機種、IAサーバベースのストレージ専用アプライアンスなどの販売を開始した。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は12月1日、重複排除バックアップストレージ「HP B6200 StoreOnce Backup System」(以下、B6200)の販売を開始した。また、IAサーバをベースにしたアプライアンスの新アーキテクチャを発表し、その第1弾としてファイルサーバアプライアンス「HP X5000 G2 Network Storage System」(以下、X5000)、メッセージングアプライアンス製品群「HP E5000 G2 Messaging System」(以下、E5000)の販売を開始した。

photo HP B6200 StoreOnce Backup System

 B6200は、同社のバックアップストレージ製品群「HP StoreOnce Backup System」の最上位機種に位置付けられる。2つの重複排除エンジンと48Tバイトのストレージを基本構成(カプレット)として、スケールアウトにより最大4カプレット(2ラック)まで拡張できる。最大物理容量は768Tバイト(最大論理容量は512Tバイト)。

 同社のエンタープライズサーバー・ストレージ・ネットワーク事業統括 HPストレージ事業本部 製品マーケティング部 担当マネージャー、諏訪 英一郎氏は「4Kバイトの可変チャンク単位で行われる重複排除機能によって、データ容量を20分の1まで削減したバックアップが可能」と説明した。また、コントローラーやハードウェアRAIDなどの内部冗長化に加え、処理ノードやアクセスパスも冗長化することで可用性を高めているという。

 B6200の適用環境例として、諏訪氏は「既存のバックアップ環境の集約」「各拠点のバックアップデータをデータセンターに一元化した災害対策」などを挙げている。B6200の提供価格は2100万円から。

 同社が発表した新しいアーキテクチャは、IAサーバをベースにしたストレージ専用プラットフォーム。3Uサイズの筺体にブレードサーバ2台と引き出し式のディスクエンクロージャを格納し、ディスクドライブ16基を搭載できる。

photo ストレージ製品の提供形態

 X5000は「Windows Storage Server 2008 R2 Enterprise」を搭載したミッドレンジ向けのファイルサーバアプライアンス。3U筺体にブレードサーバ2基と3.5型インチSAS16基を格納できる。ストレージ容量は9.6Tバイトから最大約100Tバイトまで拡張可能。同社によると、標準的なクラスタ構成システム8Uサイズと同等の機能を3Uまでサイズダウンできるという。同社によると、ProLiantサーバの管理ツール「iLO」などを使用でき、専用の導入支援ツールによって短時間での導入が可能だとしている。X5000の提供価格は415万5000円から。

photo HP E5300 G2 Messaging System

 E5000は、Windows Server 2008 R2 EnterpriseとExchange Server 2010などのソフトウェアを組み込んだメッセージングアプライアンス製品群。ユーザー数やメールボックスサイズ、物理容量に応じて3機種5モデルが用意されている。最小モデルの「HP E5300 G2 Messaging System」の価格は504万円から(500ユーザー、1Gバイトメールボックス、物理容量12Tバイトの場合)。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

電通パブリックリレーションズが「第2回 企業広報力調査」の結果を発表
電通パブリックリレーションズ内の研究組織である企業広報戦略研究所は、「第2回企業広報...

news095.jpg

MasterCard、「Pepper」向けデジタル決済アプリケーションの試験運用を開始へ
MasterCardは、人型ロボット「Pepper」向けの初の決済アプリケーションによるの試験運用...

news080.jpg

石黒 不二代氏が語るオムニチャネルの本質、“個”客中心主義とは何か
セブン&アイ・ホールディングスの一大プロジェクト「omni7」を構想から開発まで支援した...