2012年03月15日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ユーザー別のニーズを理解仮想デスクトップの最適な利用法とは? ユーザーを4タイプに分類

仮想デスクトップを導入するに当たり、ユーザーごとのニーズを把握することは重要だ。ユーザーを4タイプに分類し、仮想デスクトップの最適な利用方法を探る。

[Mike Nelson,TechTarget]

 仮想デスクトップインフラ(VDI)の導入を考えるに当たっては、社内でどのようなユーザーが、どのようにコンピュータを使うかをじっくり検討することが重要だ。

 では、あなたの会社にはどのようなユーザーがいるのか。エンドユーザーの基本的なタイプを定義してみよう。仮想デスクトップの潜在ユーザーとそのニーズを理解することは、VDIがあなたの会社の環境に適しているかどうかを判断するのに役立つ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...

news118.jpg

GDPR対策もリアルタイムマーケティングも、まずデータ統合から Tealium幹部が語る
2018年5月25日、いよいよ欧州でGDPR(EU一般データ保護規則)が施行される。企業はこれに...