2012年03月15日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ユーザー別のニーズを理解仮想デスクトップの最適な利用法とは? ユーザーを4タイプに分類

仮想デスクトップを導入するに当たり、ユーザーごとのニーズを把握することは重要だ。ユーザーを4タイプに分類し、仮想デスクトップの最適な利用方法を探る。

[Mike Nelson,TechTarget]

 仮想デスクトップインフラ(VDI)の導入を考えるに当たっては、社内でどのようなユーザーが、どのようにコンピュータを使うかをじっくり検討することが重要だ。

 では、あなたの会社にはどのようなユーザーがいるのか。エンドユーザーの基本的なタイプを定義してみよう。仮想デスクトップの潜在ユーザーとそのニーズを理解することは、VDIがあなたの会社の環境に適しているかどうかを判断するのに役立つ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ユーザーと共に作る広告、期待と課題は? JIMOS担当者と語る
UGC(ユーザー生成コンテンツ)を広告に活用している企業ではどのような効果や課題を感じ...

news095.png

フロムスクラッチ、「b→dash」にGUIで自由にデータマートを作成できる新機能を追加
フロムスクラッチは、マーケティングプラットフォーム「b→dash」において、データウェア...

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...