2012年11月27日 10時00分 UPDATE
info Center

中堅企業に最適なコツを伝授データ管理・運用をラクにするストレージ活用の最前線

データ量の増大が進むにつれ、重要性が増しているストレージだが、処理遅延や使用率の低下、管理の煩雑化など課題も多い。厳しい環境を勝ち残るために、特にITの効率化が求められる中堅企業に向けた改善方法を紹介。

[ITmedia]

注目のコンテンツ

バックアップ処理を3時間から30分まで短縮

「ジャパネットたかた」が選んだ、バックアップ処理時間を6分の1に短縮するストレージとは?

急成長するビジネスにシステムの処理性能が追い付かない状況だった「ジャパネットたかた」。同社はストレージ基盤を刷新することで、バックアップ処理とデータアクセスの高速化するなどを実現した。


サーバ仮想環境にありがちな5つの課題

サーバ仮想環境で陥りがちなストレージ問題、5つの“あるある”とその解決方法

企業規模を問わず普及が進むサーバ仮想化。しかし、管理対象のディスクやデータ領域が増え、ストレージの容量が逼迫したり、運用が煩雑化してしまうこともある。サーバ仮想環境にありがちな5つの課題を紹介する。


最新の技術動向を解説

読んで分かる! ストレージ技術の最新動向と効果的な活用法

企業が取り扱うデータは種類が多様化し容量が増大し続けており、ストレージの重要性が増している。しかし、コストの増大や管理の複雑さが課題となっている。その課題解決を支援する最新ストレージの技術動向と効率的な利用方法を解説する。


最適な選択ポイントを紹介

正攻法から裏技まで! 自社に最適なバックアップ手法を選ぶコツとは?

事業継続や災害復旧対策として欠かせないバックアップ環境。関連技術は多様化しており、システム構成やIT予算などで企業によって適用可能な手法は異なる。自社に最適な方法を選択するポイントを紹介する。


日々の運用負荷を劇的に変える

煩わしいストレージ運用から解放される最新の管理機能とは?

企業のストレージ環境は複雑化し、その運用管理コストが大きな問題となっている。実際、多くの担当者が日々の容量や性能監視などの煩わしい作業に時間を費やしている。日々の運用管理を変えるストレージが注目を集めている。


関連記事

SMB向けストレージ製品紹介

ストレージの利用率向上を階層型プールで実現する「IBM Storwize V7000」

現在、ストレージの利用率向上を課題に抱えている企業は多い。「IBM Storwize V7000」は階層型プール方式によるデータの動的再配置などでその課題解決を支援する。