2012年12月20日 21時00分 UPDATE
ニュース

NEWSビッグデータ向けストレージサーバを発表 日本HP

分散ストレージやビッグデータのデータ分析などの用途に特化。省電力や省スペース、ストレージ容量密度を高め、各種オープンソースソフトウェアを組み合わせるアーキテクチャを採用した。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 日本ヒューレット・パッカード(HP)は12月20日、スケールアウト型サーバの新製品群「HP ProLiant SL4500シリーズ」(以下、SL4500)を発表した。分散ストレージやビッグデータのデータ分析などの用途に特化している。

photo HP ProLiant SL4500
photo 日本HPの宮本氏

 日本HP サーバー&ネットワーク製品統括本部 インダストリスタンダードサーバー&ネットワーク製品本部 本部長 宮本義敬氏は「非構造化データの爆発的な増加により、ビッグデータ活用が本格化。クラウドサービスに代表される大規模なストレージ環境では、高い拡張性とストレージ容量単価の抑制が重要」と語る。また、「ビッグデータ向けストレージでは、通常のサーバよりもシンプルな設計で省電力や省スペース、ストレージ容量密度を高め、“Hadoop”に代表される分散ストレージを実現する各種オープンソースソフトウェア(OSS)を組み合わせるアーキテクチャが適している」と説明。SL4500をそうした新しいコンセプトに基づいた製品と紹介した。

 SL4500は、サーバノードに「HP ProLiant SL4540 Gen8」を採用。インテルの「Xeonプロセッサー E5-2600」製品ファミリーを搭載し、高い処理性能と高速なメモリ性能を追求している。また、リモート管理機能「iLO4」を標準搭載。自動診断/ログ機能や障害予兆を検知して事前にスペアディスクにデータを復元する「Predictive Spare Activation」機能などで運用負荷を軽減する。

photo 「Predictive Spare Activation」機能の仕組み

 日本HP サーバー&ネットワーク製品統括本部 インダストリスタンダードサーバー&ネットワーク製品企画部 部長 中井大士氏は「一口にビッグデータといっても、容量重視か処理性能重視かなど目的によって求められる要件は異なる。SL4500では、各種用途のワークロードを想定したモジュール型シャーシを選択できる」と語る。

 SL4500は、4.3Uサイズの筺体に3.5インチHDDを最大60基搭載できる。1〜3ノードを搭載可能な3モデルを用意しており、ワークロードに応じて選択可能だ。また、「必要な機能のみを選択でき、従来型のNAS(Network Attached Storage)製品と比べて容量単価を6分の1まで削減できる」(中井氏)

HP ProLiant SL4500の3モデル
ノード構成 ノード当たりの最大ディスク搭載数/最大ストレージ容量 用途 発売時期 販売価格(税込み)
1ノードモデル 60基/180Tバイト アーカイブストレージ、ストレージサービス 2012年12月6日 117万4950円
2ノードモデル 25基/75Tバイト 電子メール、NoSQL 2012年12月6日 134万5050円
3ノードモデル 15基/45Tバイト Hadoop、Verticなどのデータ分析 2013年初旬予定 未定

 また、日本HPはソフトウェアベンダーと協業し、「SL4540 Gen8」と各種ソフトウェアとの組み合わせの検証や共同プロモーションなどを実施する予定。現在、SCSK(NoSQLデータベース「Couchbase」)、Cloudera(Hadoopソリューション「Cloudera’s Distribution including Apache Hadoop」)、レッドハット(分散ファイルシステムGlusterFSの商用版「Red Hat Storage Server」)の3社との協業が決定している。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。

news135.jpg

カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスが提携
カタリナ マーケティング ジャパンとデジタルインテリジェンスは提携し、テレビCMとデジ...