2013年03月21日 21時30分 UPDATE
ニュース

NEWSHadoopとDWHを組み合わせて高速分析、日本マイクロソフトがアプライアンス新版

日本マイクロソフトはDWHアプライアンスの新版を発表。HadoopとDWHのデータを共通のSQLで操作できるのが特徴だ。加えて、Hadoopのクラウドサービスも提供する。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 日本マイクロソフトは、大量データ分析関連の新製品/サービスを相次いで発売する。まず、2013年5月にはデータウェアハウス(DWH)アプライアンスの新版「Microsoft SQL Server 2012 Parallel Data Warehouse(以下、PDW)」を発売。同年第3四半期には、大規模データ処理基盤「Apache Hadoop」のクラウドサービス「HDInsight Service」を提供開始する。

 PDWは、リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)「Microsoft SQL Server 2012」で構築したDWHが管理する構造化データと、Hadoopで管理する非構造化データを共通のSQLで操作できるのが特徴だ。Hadoopの分散ファイルシステム「HDFS」のデータを、Microsoft SQL Server向けのSQLである「Transact-SQL(T-SQL)」で操作できるクエリエンジンを搭載。Hadoopのデータを仮想的なテーブルとして扱うことができる。

 スケールアウトによる性能拡張が可能な超並列処理(MPP)型のアーキテクチャを採用。クエリ実行時やデータ取り込み時に複数ノードで並列にデータを処理することで、処理速度を高めた。ストレージ容量は15Tバイトから最大1.2Pバイトまで拡張可能。将来のバージョンアップで、最大容量を10Pバイトまで拡張可能にするという。

 デルや日本ヒューレット・パッカードといったハードウェアベンダーと共同で販売する。クエリエンジンやMicrosoft SQL Server 2012といったソフトウェアと、サーバ/ストレージなどのハードウェアを組み合わせて提供。Hadoopディストリビューション(パッケージ)は含まない。ソフトウェアは日本マイクロソフト、ハードウェアはハードウェアベンダーと購入契約をする必要がある。価格は、15Tバイトの最小構成で3000万〜4000万円。

 HadoopとDWHの連係を実現する製品は、サイベースや日本オラクルなど他ベンダーも提供している。「PDWは、HadoopとDWHの双方とも、複数ノードを使った高速並列処理を実現できることを強みとして訴求していく」(日本マイクロソフト アプリケーションプラットフォーム製品部部長の斎藤泰行氏)という。

 もう1つのHDInsight Serviceは、日本マイクロソフトのクラウド基盤「Windows Azure」で動作するHadoopをネットワーク経由で利用できるサービスだ。2013年3月19日にプレビュー版を提供済みである。HDInsight Serviceの正式提供後、Windows AzureではなくWindows ServerでHadoopを動作させるオンプレミス版の「HDInsight Server」も提供予定だ。HDInsight Serviceの利用にはヘッドノードと1台以上の計算ノードの契約が必要で、料金は1時間当たりヘッドノード39.86円、計算ノード1台19.93円。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

60歳以上の趣味、最多は「パソコン・インターネット」で6割超
ビジネスパーソンのスマートフォン利用事情から女性のInstagram活用状況、運動会のお弁当...

news107.jpg

コムニコ、SNS投稿とアカウントを分析するクラウドツール「POST365」の提供を開始
コムニコは、国内主要1000ブランドのSNS投稿、アカウントを分析するためのクラウドツール...

news101.jpg

日本の消費者の94%が広告ブロックソフトの利用を検討、動画広告のアンルーリーが調査
動画SSPを提供するアンルーリーは、「動画広告の将来に関する調査」を実施。日本の消費者...