2014年05月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

どこでも仕事ができる体制へSANを捨ててクラウドストレージBoxへの全面移行を目指す英市議会

英国ピーターバラ市議会は、EMCのSANからBoxへの全面移行を決断し、パイロットプロジェクトを開始した。クラウドストレージへの移行に際して直面した課題とは?

[Antony Adshead,Computer Weekly]
Computer Weekly

 英国ピーターバラ市議会は、クラウドベースのファイル共有サービス「Box」を利用するパイロットプロジェクトの実施に踏み切った。同市議会は2015年までに物理ストレージに保存するデータを最小限に減らし、市議会が保有する全データをクラウドストレージに移行させる計画を立てた。プロジェクトはその施策の一環だ。

Computer Weekly日本語版 5月21日号無料ダウンロード

0521_120.jpg

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 5月21日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 同市議会にはフルタイム勤務の職員が1400人いるが、アウトソーシングも大いに活用している。サービス委託先の例を挙げると英Amey(公園管理、ごみ処理)、スウェーデンのSkanska(道路管理)、地元NPO団体のVivacity(文化、スポーツ、レジャー施設の管理)、英Serco(ITサービス)などがある。

 ピーターバラ市議会は全体として米Microsoft製品を利用しているが、歳入の管理には米Oracleの財務アプリケーションと研修プログラムのOracle Academy、社会福祉の分野では英Liquidlogicと英CoreLogicの製品、記録管理には英Northgate Information Solutionsの製品、高速道路の管理には英Pitney BowesのConfirmと、各専門分野で独自の製品も利用している。

 「実務的なサービスの大部分をアウトソーシングで戦略的に運用する方針を維持したい。かたやオンサイトの(物理)ハードウェアの多くがEOL(End of Life)となる時期が近づいてきた。そこでわれわれ市議会は、ハードウェアをリプレースする代わりにIT戦略としてクラウドへの移行を試みている」と、ピーターバラ市議会のICT戦略とインフラを担当するプログラムマネジャー、リチャード・ゴドフリー氏は語る。

 「(システム運用面の)制限をできるだけ少なくしようと考えている」と同氏は付け加える。「われわれは米EMCのSANを使用してきたが、これが2015年2月にEOLとなる。ハードウェアを更新してその5年後まで使い続けるつもりはないので、他の選択肢を探している」(ゴドフリー氏)

 当面の課題は、市の幹部を説得してクラウドへの移行を承認してもらうことだ。

 「ストレージ機能をBoxのようなサービスにアウトソーシングするのは合理的だと思うが、その種のサービス自体が、現時点では始まったばかりの状況で先行きが不透明だ。そこで、バックエンドの構成を調整しつつ、パイロットプロジェクトを進めている」とゴドフリー氏は話す。

 このパイロットプロジェクトに携わっているのは、総勢20人のICTチームと、少数精鋭の法務担当チームだ。これまでは、各職員の勤務実績や休暇日などのデータを含む個人用ドライブをBoxクラウドへ移行する作業に取り組んできた。

 Boxはオンラインでファイルが共有できるクラウドストレージだ。同時に、Active Directoryによる管理、Salesforce.comやMicrosoft Officeなどのビジネスアプリケーションの統合などができる、コラボレーションサービスのプロバイダーでもある。

 「職員には、まずはクラウドを使うことに慣れてもらいたい。感覚に慣れれば、問題点や変更したい点に気付けるようになる」とゴドフリー氏は語る。「それから共有ドライブや制限付きのドライブをBoxに移行する。柔軟性の少ないフォルダ構造に慣れた職員にとって、この移行はハードルが高い」(ゴドフリー氏)

 同氏によると、パイロットプロジェクトではBoxでMicrosoftのフォルダ構造をエミュレートしていて、ユーザーにはフォルダを操作してもらっているという。このように、ユーザーはサードパーティーのサービスを利用して、(クラウド上で)フォルダ構造を実現することもできる。

 「最終的には、全てをBoxに移行させる」と同氏は語る。「ただそのためには、セキュリティに関する課題と、地方自治体向けに英国政府が提供するネットワーク(PSN:Public Services Network)とクラウドを連携させるという課題を解決しなければならない」(ゴドフリー氏)

 セキュリティ以外でクラウドストレージへの移行の際の最大の障壁となるのは、データにアクセスするのに(物理ハードウェアへのアクセスに比べて)時間がかかることだ。ゴドフリー氏にとって、レイテンシは悩みの種にはならないのだろうか? それに対する同氏の答えは意外なものだった。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news076.jpg

広告をクリックした人、「意図的に」と「間違えて」がほぼ同じ割合に
マイボイスコムは、「インターネット広告」に関する調査を実施。直近1年間にインターネッ...

news061.jpg

Facebook、非ユーザーにも関連性の高い広告を配信可能に
Facebookは「オーディエンスネットワーク」を拡張し、Webサイトのパブリッシャーやアプリ...

news059.jpg

人工知能とDMPで潜在顧客層を発見、ソネット・メディア・ネットワークスが新サービスを提供
ソネット・メディア・ネットワークスは、人工知能とDMPを活用した「Logicad潜在顧客ター...