2015年01月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Azure Active Directory&Office 365MicrosoftのOffice 365戦略、鍵はセキュリティのアピール

Office for iPhoneの公開やDropboxとの連携、Office 365へのシフトなど、MicrosoftのOffice戦略が大きく変わろうとしている。クラウドへの移行を進める同社の鍵を握るのは、やはりセキュリティになりそうだ。

[Cliff Saran,Computer Weekly]
Computer Weekly

 米Microsoftは、モバイルとクラウドに関する同社の戦略を具体化するために多忙な毎日を送っている。「Office for iPhone」のアップデートやAndroidタブレット向けOfficeのβバージョンのリリースに加え、DropboxをOfficeスイートに統合した。

Computer Weekly日本語版 1月7日号無料ダウンロード

15877.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 1月7日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。


 最近のこうした製品開発から、Windowsが最有力OSの座から陥落したのを受けて、自社製品の復活を目指すMicrosoftの取り組みが見て取れる。

 同社のCEOサトヤ・ナデラ氏は、「当社が提唱するモバイルファーストおよびクラウドファーストの世界では、デバイスやプラットフォームを問わず、簡単に作成、共有、コラボレーションできる手段が求められる」と話す。

 Microsoftは、iOSおよびAndroid向けOfficeアプリの最新アップデートでDropboxとOfficeとの最初のWeb統合を組み込んだ。Office Onlineとの統合は2015年前半に実現する見込みだ。また、Dropboxは今後数カ月以内にWindows PhoneおよびWindowsタブレットプラットフォームでのDropboxアプリケーションの提供を予定している。

クラウド利用のメリットの売り込み

 Microsoftにとって、Office 365の構築を続けることも大切だが、クラウドでもセキュリティが確保され、管理が容易になることをIT部門に売り込むことも重要だ。

 2014年10月に開催されたTechEd Europeのデモで、MicrosoftのPC、タブレット、スマートフォン担当バイスプレジデントのジョー・ベルフィオーレ氏は、ユーザーがコンピュータを初めて起動する際にAzure Active Directory(以下、Azure AD)経由でログインする方法を紹介した。ユーザーがログイン資格情報を入力すると、アプリケーションが新しいPCに自動的にダウンロードされる。

 Azure ADは、Microsoftのデバイス管理戦略の心臓部で、デスクトップPC、ノートPC、タブレット、スマートフォン全てに対応する。Active DirectoryはオンプレミスITにロールベースのアクセスを提供するが、Azure ADはこれをクラウドまで拡張する。ユーザーは、インターネット経由でAzure ADに接続できるデバイスであれば認証を受けることができる。

管理者に的を絞ったセキュリティ

 Microsoft製品マーケティング部門のシニアディレクターを務めるアンドリュー・コンウェイ氏は、MDMとAzure ADの違いを次のように語った。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

シックス・アパートがCMSプラットフォーム「Movable Type 6.3」をリリース
CMS(コンテンツ管理システム)および関連サービス企業の大手シックス・アパートは、CMS...

news040.jpg

ブレインパッド、人工知能のビジネス活用を支援するサービス提供を提供開始
ブレインパッドは、人工知能(AI)を用いた最新技術のビジネス活用を支援する「機械学習...

news096.jpg

モリサワ、Webフォントサービス「TypeSquare」でWebフォントの文字詰めに対応
モリサワは、Webフォントサービス「TypeSquare」において、モリサワフォントを含む配信中...