Loading
2015年03月26日 10時00分 UPDATE
PR

デル株式会社提供Webキャスト日本特撮映画を支えてきた「白組」が最新3DCGで時をかける

日本の特撮映画を支えてきた映像制作会社「白組」が、誰もが子どもの時から知っているアニメキャラクターの3DCG映画化に挑戦した。監督と制作スタッフに生き生きしたキャラクター制作の裏話を聞いた。

[ITmedia]
logo

 誰もが知っているアニメキャラクターを3Dで見せるには、新しいキャラクターを生み出すのとは違う苦労が必要だ。2014年に公開された『STAND BY ME ドラえもん』は「ドラえもん」シリーズ初の3DCG映画だ。これまで2Dで慣れ親しんできたドラえもんの“らしさ”を残しつつ、初めてドラえもんを見たときのワクワク感を再現する必要がある。

 本コンテンツでは、『STAND BY ME ドラえもん』の八木竜一監督と、制作を手掛けた白組のアートディレクターやスタッフによる制作現場秘話を紹介する。キャラクターの魅力を生き生きと表現するための「ひみつ道具」が、デルが提供するインテル® Xeon プロセッサーを搭載した「Workstation T1760」だ。3Dと2Dの作業を並行してサクサク作業を進める制作スタッフの姿に、八木氏は「ドラえもんがいっぱいいて、ひみつ道具を使っている」と感動したと話す。3Dになったドラえもんやのび太が生き生きと動きまわる様子を映像でぜひ確認してほしい。


(c)2014 「STAND BY ME ドラえもん」 製作委員会



xeon_logo.jpg

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。