2015年10月08日 08時00分 UPDATE
特集/連載

これからも派手なバグが登場するだろうHeartbleedバグはOpenSSLに極めてポジティブな影響をもたらした

IT業界に大きな影響を及ぼしたOpenSSLのHeartbleedバグ。セキュリティ企業Rapid7のビアズリー氏は、これを「ポジティブな影響」と評価する。Heartbleedバグはどのような影響をもたらしたのだろうか?

[Warwick Ashford,Computer Weekly]
Computer Weekly

 2014年4月、「OpenSSL」の幾つかのバージョンの暗号化ライブラリに「Heartbleed」の脆弱(ぜいじゃく)性が見つかった。だが、セキュリティ企業の米Rapid7は、この発見の影響を肯定的に捉えている。

Computer Weekly日本語版 10月7日号無料ダウンロード

17788.gif

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 10月7日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 同社でセキュリティエンジニアリングマネジャーを務めるトッド・ビアズリー氏は「一流ブランドに大きなバグがあったということでOpenSSLに注目が集まるのなら、もっと早く発覚していればと思わずにはいられない」と話す。

 同氏は、米ラスベガスで開催されたハッキングカンファレンス「DEF CON 23」でComputer Weeklyのインタビューに答えて、Heartbleedの影響を「極めてポジティブ」に捉えていると語った。

 Rapid7でオープンソースソフトウェア(OSS)フレームワークの「Metasploit」に携わっているビアズリー氏によると、Heartbleedの発見以降、OpenSSLに少なくとも2つのフォークが誕生したという。1つは、米Googleが独自にリリースした「BoringSSL」。もう1つは、OpenBSDのプロジェクトメンバーが立ち上げた「LibreSSL」だ。

 「個人的には、フォークの誕生を歓迎する。『真のバージョン』が分からなくなるという理由でソフトウェアのフォークには批判的な意見が多いが、ユーザーが使用しているもの全てが『真のバージョン』ではないだろうか」と同氏は話す。

 Heartbleedの欠陥が発見されたことによってOSSのセキュリティが注目を集めるようになった。そのポジティブな影響の1つが、OpenSSLフォークの誕生だと同氏は考える。

 「OpenSSLの標準ライブラリが商用製品で、実際には1人の開発者または単独のソフトウェア開発チームだけが管理していたとしたら、事態はもっと深刻だったはずだ」とビアズリー氏は言う。

 「ある銀行はOpenSSLを使用していなかったのでHeartbleedの影響を受けなかったが、独自の暗号化システムを使用しているため、どのようなバグを誰が把握しているのか分からない」

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

マーケティングの革新と「明日のMarketo」――フィル・フェルナンデス氏(Marketo会長兼CEO)
進化し続けるマーケティングオートメーション「Marketo」。さまざまな新機能の狙い、そし...

news013.jpg

神田昌典×フィル・フェルナンデス(Marketo会長兼CEO)――「明日のマーケター」の役割について語り合う
マーケティングオートメーションの本質は単なる「効率化」にあらず。大好評連載の最終回...

news091.jpg

DHC、中国向けに初の越境ECをスタート
中国向け越境ECプラットフォーム「Wonderfull Platform」を運営するインアゴーラは、ディ...