2015年09月24日 08時00分 公開
特集/連載

TLCフラッシュの仕組みとメリットHDD並の低価格を実現したTLCフラッシュでフラッシュストレージ移行が加速

容量当たりのコストはHDDと同等という低価格が魅力のTLCフラッシュとは何か? その構造とメリット、今後の展望を紹介する。

[Antony Adshead,Computer Weekly]
Computer Weekly

 米Dellは初めて、1セル当たり3ビットを使うTLC(Triple Level Cell)フラッシュのストレージアレイを発売した。同社のストレージアレイ製品であるSCシリーズにはSLC(Single Level Cell)とMLC(Multi Level Cell)タイプのフラッシュメモリがラインアップされており、今回TLCが加わった形だ。なお、このシリーズには昔ながらのHDDも含まれている。

Computer Weekly日本語版 9月16日号無料ダウンロード

本記事は、プレミアムコンテンツ「Computer Weekly日本語版 9月16日号」(PDF)掲載記事の抄訳版です。本記事の全文は、同プレミアムコンテンツで読むことができます。

なお、同コンテンツのEPUB版およびKindle(MOBI)版も提供しています。

ボタンボタン

 そもそも、TLCフラッシュストレージとはどんなものなのか。どのような用途に適しているのか。

 TLCフラッシュは、既存規格のフラッシュチップに比べて、より多くのデータを格納することができる。そのため、コストがほぼHDDのレベルにまで低減した。TLCフラッシュはGバイト当たりのコストが1.66ドルで、容量当たりのコストは回転数15,000rpmのHDDとほぼ同じであるとDellは説明している。

 では、性能で比較した場合はどうか? 同社によると、新製品のTLCフラッシュは韓国Samsung Electronicsから供給を受けているもので、性能は15,000rpmのHDDの24倍だという。ランダム読み取りについての1秒当たりの入出力値(IOPS)は18万(ブロックサイズは4Kバイト)を実現する。

 また、これはドライブが1台の場合の値だ。複数台のドライブを連結してデータもストライプ化すれば、フラッシュメモリ並みのIOPS値を実現する。ただしこれはあくまで読み取り性能の話だ。

 ブロックサイズが4Kバイトの場合、ランダム書き込みのIOPS値は1万5000となっている。読み取り時に比べるとずっと低速だ。つまり、TLCフラッシュは読み取りが多いワークロードに適しており、15,000rpmのHDDよりもはるかに性能がまさっているのでリプレースの選択肢となり得る。

チップを垂直に積み上げて耐久性を向上

 Samsungは同社のTLCドライブ、PM1633については5年間の動作保証をしている。Dellはサポート対象のアレイにこの製品が含まれている場合、障害時は無償でリプレースするサービスを提供している。このような大胆な施策を実行できるのは、チップの製造工程にその一因がある。Samsungは今回、ファブリケーションプロセスにおいては最小値の限界である10ナノメートル(nm)を切ろうかという微小化の方向を諦め、30ナノプロセスを採用して堅牢性を向上させた。

 これは、TLCはMLCに比べて構造が複雑だからだ。フラッシュセル1個当たりの電子スイッチが増えるために、電荷検出時の要件も増える。また、干渉のスコープが大きくなりセルの微細化の失敗率も高くなる。特にセルを小型化すると困難が増える。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

LINE広告ネットワークで「動画リワード広告」の提供を開始
新たな広告収益源の創出に加え、インセンティブ付与によるアプリ内の活性化も促進。

news102.jpg

福田康隆氏がアドビ退社後初めて語ったB2Bマーケティング&セールスと自身の「これから」の話
アドビ システムズ専務執行役員の座を退いた福田康隆氏が新天地ジャパン・クラウドで再始...

news084.jpg

「応援消費」についてジャパンネット銀行が調査 共感できるものにお金を使いたい人が6割
人や企業、地域などを応援する目的の「応援消費」に関する調査です。