2006年01月18日 09時57分 公開
特集/連載

データセキュリティの改善には企業文化の変革が必要Case Study

数千万件の顧客情報流出を招いた米カードシステムズの不正侵入事件はまだ記憶に新しい。こうした事故を防ぐには、データ管理という考え方を企業文化に浸透させる必要がある。

[TechTarget]

 昨年世間の耳目を集めたデータ流出事件の数々は、厳しい規制が課せられている金融機関でさえも、個人データのセキュリティ保護については万全でないことを示している。

 こうした現状に対処するためには、データの管理は業務慣行の一部とし、経営幹部も含めた取り組みを進めるとともに、CEOと取締役が社内データポリシーを支持することが必要だ。

 金融サービスプロバイダーの米チェックフリーではこの問題に取り組み、権威あるデータウェアハウジング協会の「2005 Leadership Award」を受賞するまでに至った。同社の成功のポイントを見ていく。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...