2006年01月18日 09時57分 公開
特集/連載

データセキュリティの改善には企業文化の変革が必要Case Study

数千万件の顧客情報流出を招いた米カードシステムズの不正侵入事件はまだ記憶に新しい。こうした事故を防ぐには、データ管理という考え方を企業文化に浸透させる必要がある。

[TechTarget]

 昨年世間の耳目を集めたデータ流出事件の数々は、厳しい規制が課せられている金融機関でさえも、個人データのセキュリティ保護については万全でないことを示している。

 こうした現状に対処するためには、データの管理は業務慣行の一部とし、経営幹部も含めた取り組みを進めるとともに、CEOと取締役が社内データポリシーを支持することが必要だ。

 金融サービスプロバイダーの米チェックフリーではこの問題に取り組み、権威あるデータウェアハウジング協会の「2005 Leadership Award」を受賞するまでに至った。同社の成功のポイントを見ていく。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...