2006年04月18日 09時22分 公開
特集/連載

IM――禁止するにはあまりに重要なビジネスツールCase Study

インスタントメッセージング(IM)の仕事中の私用は生産性の低下を引き起こしかねない。だが、IMを完全に阻止するのはほぼ不可能だし、ビジネスツールとしてのメリットはデメリットを上回るものがある。

[TechTarget]

 PR会社の5Wパブリック・リレーションズでは、インスタントメッセージング(IM)が社員の集中力をあまりに削ぐ存在となったため、勤務時間中のIMの使用が禁じられた。

 5Wでは、社員らがIMで複数の相手と並行して会話していたため、IMを介した連絡では事実上、伝達不良が当然のように起きてしまっていることに気付いた。メッセージが重要なPR会社にとって、それは歓迎すべき状況ではなかった。そして5Wには、「通信文はすべてアカウントチームのメンバー全員にコピー送信すること」という会社からの指示があった。これはIMを使う場合には不可能であるため、アカウントマネジャーにとっては悩みの種となっていた。

 一方医療サービス会社インテリケアでは、IMは全く違ったとらえられ方をしている。同社ではIMを不可欠な機能と考えている。同社の看護スタッフは全米のコールセンターネットワークを介してさまざまな医療質問に答え、患者をモニターしている。

 専門家によれば、好き嫌いはさておき、IMについては制限するよりも容認する方が賢明だ。セキュリティのリスクは報告されているものの、多くの企業にとっては、このメッセージングツールのメリットはデメリットを上回るはずだという。

 それに、いずれにせよ、IMの利用を完全に阻止することはできそうにない。

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ 実店鋪とネットショップのデータを一元管理可能に
ヘイの「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ「STORES レジ」が加わった。新サービ...

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...