2006年06月19日 10時48分 公開
PR

メールゲートウェイ製品導入における注意点 (2)ITマネジャーのためのセキュリティ製品導入講座【第2回】

毎日大量に送られてくるスパムメール。業務効率の観点からも、対策を施す企業が増えている。今回は、スパム対策のメールゲートウェイ製品導入時の注意点にフォーカスする。

[TechTarget]
photo

マカフィー株式会社

サポート&サービス統括本部

塚本 英雄氏

【専門分野:ネットワーク・セキュリティ全般】

C言語、C++、Javaなどのプログラム作成、ネットワーク管理者の経験を経て、1999年にNetwork Associates(現McAfee)に入社。入社後は主にFirewall製品、PGP、ゲートウェイ系のアンチウイルス製品のサポート業務を行う。


 常に世間を騒がせるウイルスへの対策もさることながら、スパムなど、業務効率を悪くする存在も気になるところだ。1日に大量のメールのやり取りをする人ならば経験済みだろうが、1件1件内容を確認して削除していくというのは、実に骨の折れる作業だ。今回は、このスパム対策製品を導入する際に注意したい項目を洗い出して解説する。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「マカフィー株式会社」に収集される。
  • 「マカフィー株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「マカフィー株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


制作:ITmedia +D 編集部