2006年06月22日 09時25分 UPDATE
特集/連載

Columnオープンソース対SaaS――業務アプリで有効なのはどっちだ

業務アプリケーションを検討しているSMBにとって、低コストで導入可能なSaaSとオープンソースは魅力的な選択肢だ。それぞれの長所と短所を紹介する。

[TechTarget]

 予算は幾らか? 複雑さをどこまで許容するか? オープンソースとSaaS(サービスとしてのソフトウェア)のどちらかを選ぶ際には、この2つをはじめ多くの要素を事前に検討すべきだ。

 爆発的に拡大するオープンソース市場は、帳簿管理や顧客管理を自動化するための新しい選択肢を数多くSMBに提供している。また、多くの新興ベンダーが、アプリケーションをホスティングしてインターネット経由で顧客に提供するサービスを提供している。これがSaaSと呼ばれるアーキテクチャだ。

 低コストな選択肢が数多く提供されているため、ユーザーにとって、煩雑なインストールやコンフィギュレーションといった一連の作業がつきものの、大規模ソフトの導入にあえて乗り出す理由はほとんどない。だが、オープンソースとSaaSのどちらを選ぶかは、予算と複雑さの許容度によっては難しい判断になる。

 選択肢はそれぞれ豊富にある。オープンソースソフトのデータベースであるSourceForge.netでは、ERPやCRMのカテゴリーだけでも、実施中のプロジェクトが250件以上もリストされている。一方、Software-as-a-Service Showplaceは、33のアプリケーションカテゴリーにわたって150件以上のサービスを掲載している。

 最適な選択肢は、あなたの会社がどの要素を最も重視するかによって決まる。オープンソースとSaaSそれぞれの長所と短所を紹介しよう。

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

購買データ分析で見る「不足しがちな栄養素」は?――シルタス調べ
スーパーで買い物をしているユーザーの購買データから不足しがちな栄養素と充足している...

news110.jpg

大企業のデジタルマーケティング取り組み実態――富士通総研調査
大企業においてデジタルマーケティングの成果を出すポイントとは。

news076.jpg

LINE、トークリスト最上部に1日1社限定で表示される動画広告「Talk Head View」を提供
LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」のトークリスト最上部に動画広告を配信できる...