2006年06月29日 14時26分 UPDATE
PR

JUnitを超える単体テストツールの存在Javaシステム開発における単体テストを効率化せよ

情報システム部門に求められているのは、品質の高いソフトウェアを低コストで開発することだ。これは今も昔も変わりない。それどころか最近では、急激に変化する経営環境に対応できるよう、迅速にソフトウェア開発を行うことが求められている。この問題に対応する方策の1つが「単体テストの効率化」だ。

[TechTarget]

 プログラミング言語や開発環境がどんなに進化しても、ソフトウェアテストの重要性は変わらない。なぜなら、より大規模化した情報システムの開発において、バグを次の工程までに持ち越してしまうと、手戻りのコストが膨大なものになる可能性があるからだ。だが、ソフトウェアテストを完璧にやろうとすると、どうしても開発工数が増えてしまい、別の問題が発生してしまう。

 一方、昨今の経営環境の変化は急激であり、それに伴い情報システム部門にはソフトウェア開発を迅速に行うことが求められている。つまり、開発を迅速化して生産性を上げつつ、開発コストを押し下げることが求められているのである。このトレードオフに対応するにはどうすればよいのか。その方策の1つがツールを用いた単体テストの効率化である。

 アラン・M・デービスの著書「ソフトウェア開発 201の鉄則」(日経BP社、1996年)に次のような記述がある。

「控えめな予測では、大規模なシステムではソフトウェアのエラーの約半分がモジュールの15%から見つかり、ソフトウェアのエラーの80%がモジュールの50%から見つかる」(同書、125ページ)

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 以下からあなたが希望されるものをお選びください
(任意、複数選択可)

このコンテンツ提供者からの今後の情報提供形態として、電子メール以外に、あなたが希望されるものをお選びください(任意、複数選択可)。なお、こちらで希望された情報提供手段に関しては、コンテンツ提供者の判断となり、ご希望にそいかねる場合がありますので、あらかじめご了承ください。


Q3. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)