2006年07月03日 09時30分 公開
PR

内部統制でITシステムに何が求められるかキーワードから見るITシステムに求められる要件【第2回】

上場企業に対して2008年度から導入され、2009年3月期の決算で対応を迫られる日本版SOX法。日本版SOX法の企業におけるITシステムとの関係と、そのITシステムをどのように構築すべきか、情報システム部門としては何をすべきかを検証する。

[TechTarget]
photo

日本電気株式会社

クライアント・サーバ販売推進本部 

商品マーケティンググループ

浅賀 博行氏

【専門分野:IT戦略、IT投資】

NECに入社後、ネットワーク関係、UNIX-WS、UNIXサーバ関係の商品計画業務を経験後、現在はIAサーバに関する商品計画および広告宣伝、Webなどを含めたマーケティング、プロモーションを担当。


 最近ちまたをにぎわせている「日本版SOX法」。この法律は企業のITシステムにどのような影響を及ぼすのか。そして、日本版SOX法実施に向けて、どのようなことを考え、準備する必要があるのだろうか。以上のことを踏まえ、日本版SOX法の基本事項や、2009年3月期の法施行に向けたITシステムの対応スケジュールについて解説していく。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「日本電気株式会社」に収集される。
  • 「日本電気株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「日本電気株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


制作:ITmedia +D 編集部