2006年07月14日 12時00分 UPDATE
PR

ユーザービリティとスピードを損なわずにセキュリティを強化する情報漏えいの徹底的な防御+TCOの削減

個人情報保護に関するプライバシーマークを取得するなど、かねてより積極的に情報漏えい対策に取り組んできた外為どっとコムは、その管理体制を徹底する手段としてデルの「Dell ThinPCソリューション」を導入した。これを機に、汐留本社および有明データセンターのサーバ環境を刷新。さらに、主要なLAN環境をすべてギガビットEthernetにするなど、システム運用体制の全面的な強化を図った。

[TechTarget]
photo

外為どっとコム

インターネット専業の外国為替保証金取引サービスを軸に2002年に設立。個人投資家向けにリアルタイム・レートによるオンライン取引サービスを提供する。2005年12月には、金融先物取引業者として財務局への登録を完了。


致命的な損害を招く情報漏えいへの対策が急務

 2005年7月に改正された金融先物取引法により、外国為替保証金取引を行う業者に対して財務局への登録が新たに義務づけられた。これにより、インターネット専業として同サービスを提供し、開業から3年で急成長を遂げた外為どっとコムを取り巻く状況も大きく変わってきた。従来にも増してコンプライアンス(法令順守)への対応が強く求められるようになったのである。

 なかでも急務の課題が、情報漏えい対策だ。外為どっとコムでは、「プライバシーマーク」(Pマーク)を取得するなど、早くから情報漏えいを防止するために社内の管理体制を整備してきた。しかし、それでも十分とは言えない。同社システムグループで副部長を務める大嶋一彰氏は、セキュリティ強化の必要性を次のように語る。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「デル株式会社」に収集される。
  • 「デル株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「デル株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。