2006年07月14日 09時17分 公開
特集/連載

ファイアウォール抜きのセキュリティ――可能だが、理想ではないColumn

7月7日掲載「ファイアウォール抜きのセキュリティ――合理的か、はたまた無謀か?」に対してさまざまな反響が寄せられた。その幾つかを紹介する。

[TechTarget]

 ファイアウォール抜きで6年間に1件しか侵入がなかったという7月11日掲載の記事に対する読者の反応は、おおむね好意的だった。例えば、ジョージア州アトランタにある通信技術会社で技術サポートを担当する傍ら、情報セキュリティの学士号取得を目指して勉強中のスコット・エバンズ氏もその1人だ。同氏が以前勤務していた会社では、VPNコネクション/認証/ルーティングでファイアウォールアプライアンスを使用していた。ある日、このアプライアンスが故障し、その内側のユーザーも外側にいるユーザーも、会社のリソースに全くアクセスできなくなったという。

 「これは、ネットワークの防御をファイアウォールだけに頼っている企業の好例だ」とエバンズ氏は電子メールに書いている。同氏の見解では、企業は最も重要な資産の防護要件を示した強力なセキュリティポリシーも活用しなければならないとしている。このポリシーでは、ホストおよび認証方法の一元的管理を定めるとともに、ユーザー教育を強調する必要もあるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...