2006年07月19日 10時45分 公開
PR

セキュリティポリシー監査の実現さまざまなニーズに対応するセキュリティーポリシー

コンプライアンス強化は企業経営上、必須の課題となっている。そこで今回は、そんな現状を踏まえ、セキィリティポリシーを策定している企業の実態、またセキュリティポリシーを効率化するためにはどうすればよいのかを解説する。

[TechTarget]
photo

伊藤忠テクノサイエンス株式会社

ITエンジニアリング室

ネットワーク&セキュリティ技術部 セキュリティ技術課 課長

伊藤 英二氏

【専門分野:セキュリティ】

1996年伊藤忠テクノサイエンス株式会社に入社。インターネット基盤、EC業務関連の各種製品に関する立上げ業務に携わった後、2000年よりセキュリティ製品に関する製品立ち上げ、顧客に対する提案/SI支援、サービス企画などの各種業務に携わる。2006年より現職。


 日本版SOX法をはじめとしたコンプライアンス対応、セキュリティ強化の必要性は企業経営者にとって共通認識であり、対応策に向けた活動は日々、経営者や担当者の頭を悩ませる問題となっている。セキュリティポリシーの策定を行っている企業の数は年々増加しているが、その運営は果たして問題なく行われているだろうか。実際の運用は人的な対応で行われているともよく聞く。どのようにして、この手順を効率化するべきだろうか。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「伊藤忠テクノサイエンス株式会社」に収集される。
  • 「伊藤忠テクノサイエンス株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「伊藤忠テクノサイエンス株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


制作:ITmedia +D 編集部