2006年07月19日 18時06分 公開
PR

メールフォレンジクス・ソリューションとは情報セキュリティ事故発生時の対処法

メールによるコミュニケーションが日常化した今、メールデータの管理は企業コンプライアンス対応の重要な要素の一つです。そこで今回は、情報セキュリティ事故が発生した際の原因究明や査証追跡を支援する「フォレンジクス・ソリューション」をご紹介いたします。

[TechTarget]
photo

伊藤忠テクノサイエンス株式会社 

プロダクトマーケティング室 

プロダクトマーケティング2部

ソリューション企画第2課

湯座 聡氏

【専門分野:セキュリティ】

1999年に同社入社後、おもにインターネットセキュリティシステムズ社セキュリティ製品のマーケティングおよびプリセールスを行う。現在は、同課でセキュリティ製品を担当。今回は、同社で提供している「メールフォレンジクス」ソリューションについて執筆。


 現在のビジネスシーンにおいて、電子メールによるコミュニケーションは日常化しています。US SOX法においてメールフォレンジクスが重要視されていることから、日本で施行される企業改革法(J-SOX法)でも、査証追跡の重要な要素になりうると想定されています。いくつかの事件では証拠品の一つとして「メールデータ」が押収され、裁判の際の証拠として使用できる管理レベルが、メールには求められつつあります。この査証追跡に対応するのが「メールフォレンジクス」ソリューションであり、さまざまな業種、業態から注目されています。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「伊藤忠テクノサイエンス株式会社」に収集される。
  • 「伊藤忠テクノサイエンス株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「伊藤忠テクノサイエンス株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


制作:ITmedia +D 編集部