2006年08月03日 09時30分 公開
PR

現場主導のIT化を阻害する3大要因企業力向上のために業務部門をIT化【前編】

多くのドキュメントが飛び交う非効率な日々の業務を、ITの活用で脱却したい。しかし、そのようなITによる効率化を阻んでいるのが、現場の「技術に疎い」「保守・運用できない」「システム部門の協力を得にくい」という3大要因である。前編では、こうした課題を解決するためのWebを使ったソリューションにフォーカスを当てて解説する。

[TechTarget]
photo

ウイングアークテクノロジーズ株式会社

StraForm事業部 事業部長

谷口 功氏

【専門分野:売れるマーケティング】

帳票設計・出力製品「Super Visual Formade(SVF)」に関する販売・マーケティング・ブランディングを行い、その後新製品帳票入力ツール「StraForm-X(ストラフォーム・エックス)」を構想、ビジネスの立ち上げを行う。現在は「StraForm-X」の事業責任者。


 移り変わるITトレンドの中で、「現場業務を劇的に向上した」という例はあまり見られない。全体最適の視点で導入する大型システムは、企業活動上「すでに確定した売り上げ」というデータは扱えるものの、その前段階の現場業務をきめ細かく支援しきれなかった。その理由は、現場では各種ドキュメント類や帳票といった紙によるワークフローが健在している点にある。紙で扱う情報はシステム化しにくく、また現場部門も自力で開発・保守・運用していく力があればよいが、なかなか難しいのが現実だ。この状況を打破するにはどうすべきなのか。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「ウイングアーク テクノロジーズ株式会社」に収集される。
  • 「ウイングアーク テクノロジーズ株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「ウイングアーク テクノロジーズ株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


制作:ITmedia +D 編集部