2006年09月04日 08時00分 UPDATE
PR

企業力向上のために業務部門をIT化【後編】あふれるドキュメントをIT化するには?

現場部門のIT化のカギ。それは、日常業務で使うドキュメント・帳票類にある。ドキュメントは、業務で活用するデータの「入り口」であり、帳票類はデータの「出口」だ。このプロセスをIT化することで、企業が得ることができる数々のメリットを解説する。

[TechTarget]
photo

ウイングアークテクノロジーズ株式会社

StraForm事業部 事業部長

谷口 功氏

【専門分野:売れるマーケティング】

帳票設計・出力製品「Super Visual Formade(SVF)」に関する販売・マーケティング・ブランディングを行い、その後新製品帳票入力ツール「StraForm-X(ストラフォーム・エックス)」を構想、ビジネスの立ち上げを行う。現在は「StraForm-X」の事業責任者。


 部門内にあふれるドキュメント・帳票類こそが部門業務IT化のカギとなるが、そもそもドキュメントや帳票は、一部門や企業内に閉じたものではない。IT化により関連部署やグループ内での情報共有を実現し、適切な判断や業務のスピードアップ、主業務への注力が促進される。また、人的なワークフローをIT化し、すべての情報をデータとして蓄積することで、ITによる業務統制やセキュリティが実現する。施行が決まった日本版SOX法対応としても万全だ。ただし、闇雲にドキュメント類をIT化するだけではこうした効果は望めない。そのポイントを探っていく。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「ウイングアーク テクノロジーズ株式会社」に収集される。
  • 「ウイングアーク テクノロジーズ株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「ウイングアーク テクノロジーズ株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。