2006年08月04日 17時24分 公開
PR

営業管理はムダな報告書からITで管理の時代へ営業効率を上げるシステム導入の切り札

営業部門専用のITシステムにSFAがある。計画や実績などの営業活動を管理するシステムだが、日本企業にはほとんど普及していないのが実情だ。しかし、ここで紹介するSFA+は低価格、すぐに使える使いやすさ、自社に合わせてカスタマイズできる柔軟さが特徴。日本企業の営業を支援して効率をアップさせ、受注増を期待させるシステムといえる。

[TechTarget]
photo

営業管理にITを導入して実態の把握を

 物を売るには営業活動が必要だが、多くの企業がいまだに足で稼ぐ営業マン任せの方法をとっている。日報を書いているが、上司は滅多に目を通さない。メールやWord、Excelで日報を書くようになったものの、紙が減っただけで意味がない。場当たり的な対応が多く、人事異動で引継もままならない。ありがちなお荷物営業部の姿といえる。

営業のためのITには「SFA」がある

 そこで、営業用のITシステム「SFA(Sales Force Automation:営業支援システム)」を導入し、営業活動の計画・管理・分析や情報の共有を行うことをおすすめする。

 SFAとは、Sales Force Automationの略で、日本語では営業支援システムという。その名の通り、営業活動を支援して効率化させるシステムだ。取引先・案件・活動予定・ 進捗状況・販売目標・受注確度などを管理・分析し、営業活動の実態を把握することができる。このSFAを導入することで、営業マン1人1人に暗黙知化されている事項が可視化され、正確な状況と多くの情報をグループ全体で把握することができる。この効果で営業活動が効率化されるのだ。SFAには外国製品が多く、高価で、日本の営業現場では使いにくいものが多い。だが、ここで紹介する「SFA+」は低価格で操作性がよく柔軟。SFA導入に躊躇している企業にもってこいのシステムといえるだろう。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「株式会社サイオステクノロジー」に収集される。
  • 「株式会社サイオステクノロジー」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「株式会社サイオステクノロジー」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


制作:ITmedia +D 編集部