2006年08月07日 15時44分 公開
PR

ITインフラの標準化と簡素化を実践するIT規約の整備と管理フレームワークの構築【最終回】

第2回目はIT統制強化の重要なポイントとして、IT規約の整備とマネージメントプロセスについてご説明した。しかし、どんなにIT規約を整備し、マネージメントプロセスを確立しても、複雑なITインフラ構造を抱えていては、統制を行うことは難しくなります。そこで、今回はITインフラの標準化についてご説明いたします。

[TechTarget]

株式会社シマンテック

ソリューションマーケティング部

部長

冨樫 明氏

【専門分野:IT戦略、コンプライアンス、SOX法】

大手コンピュータメーカーにおいて、「グローバルビジネス」「サービスビジネス」に21年間従事。現在は、株式会社シマンテック、ソリューションマーケティングとして、顧客のリスク管理戦略、IT基盤戦略に貢献するソリューションの普及およびIT統制確立へ向けたソリューションの普及に従事。


 データのバックアップに膨大な運用工数を費やす、予期せぬシステムがダウンしていた、効率の悪いストレージ容量の追加……など、複雑なITインフラは、さまざまな問題を生む可能性があります。こうした問題を解消するのが、ITインフラの標準化と簡素化です。本稿では標準化の手段に着目し、バックアップ統合とストレージ統合の2つの代表的なプロジェクトを紹介します。今後のIT統制の一助になれば幸いです。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「株式会社シマンテック」に収集される。
  • 「株式会社シマンテック」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「株式会社シマンテック」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。


制作:ITmedia +D 編集部