2006年09月29日 18時50分 UPDATE
PR

業務の効率化やワークフローを改革【前編】オンデマンドサービスのWeb2.0的な活用

最近では、オンデマンドサービス(ASPサービス)が、Web2.0やSaaSといった新しい言葉とともに注目されている。その活用時のポイントを説明し、具体的なサービスとしてNTTコミュニケーションズのコネクトサービスを中心に紹介する。

[TechTarget]
saitou-face.jpg

NTTコミュニケーションズ

ブロードバンドIP事業部

VoIPサービス部

高度アプリケーションサービス担当 担当部長

齋藤 幸男氏

【専門分野:メッセ−ジング/モバイル技術、ICT戦略】

NTT入社以来、メッセージング処理サービスの実用化、CCITT/ITU-T標準化/TTC国内標準化活動、ユニファイドメッセージングなどのプラットフォーム実用化と事業化に従事。2002年より現職で、IPセントレックス、コンタクトセンター、Web会議などの高度アプリケーションサービスの企画、提供を担当。


 最近では、オンデマンドサービス(ASPサービス)が、Web2.0やSaaS(Software as a Service)といった新しい言葉とともに注目されている。ネットワーク的には、NGN(Next Generation Network)やFMC(Fixed Mobile Convergence)といった次世代に向けたネットワーク/サービスインフラとして期待されている。その中で、企業としては、単なるコスト削減の追求だけではなく、さまざまな業務やワークフローの効率化を図りつつ、顧客満足度を高め、企業力の向上、競争力の強化を図っている。本稿では、このような動向を踏まえ、オンデマンドサービスをWeb2.0的に活用し、業務の効率化やワークフローを改革していくためのポイントについて述べる。オンデマンドサービス採用時に必ず議論となる、セキュリティへのとらえ方についても述べる。

TechTarget会員限定記事の続き>>がご覧になれます。
次のアンケートに答えてお進みください。

Q1. 記事に関連したシステム導入の予定があれば、
時期をお知らせください(必須)


Q2. 今回の記事は、どのような目的で読まれますか(必須)


■個人情報の取り扱いに関して
ダウンロードに際しては以下の事項に同意されたものとみなせていただきます。

  • お客様の個人情報は、提供情報ダウンロード後、情報提供元である「NTTコミュニケーションズ株式会社」に収集される。
  • 「NTTコミュニケーションズ株式会社」からの電子メール、電話、送付物による情報提供サービスを受け取る。

お客様の個人情報は「NTTコミュニケーションズ株式会社」の プライバシーポリシー 下で適切に取り扱われます。