2006年10月16日 00時00分 公開
PR

Webキャスト講演会&セミナー攻めのITを実現するブレードシステムの全貌とは?

ブレードサーバの導入は、現在最もホットなトピックスの1つである。ブレードサーバは多くのメリットを備えているが、効果を最大化するためにはトータルシステムとして導入を計画すべきである。日本ヒューレット・パッカードの山中氏による講演「“攻めのIT”を実現するHP Blade Systemの全貌」は、トータルなブレードシステムの備える利点や業界初の「第3世代」ブレードの全容について、豊富なドキュメントを基に解説する。

[TechTarget]

 このWebキャスト講演会&セミナーは日本ヒューレット・パッカード エンタープライズ ストレージ・サーバ本部の山中伸吾氏による講演「“攻めのIT”を実現するHP Blade Systemの全貌」を、映像+プレゼンテーション資料のWebキャスト方式で完全収録したものである。講演は「今、なぜブレードなのか?」「従来の管理手法と新しい管理手法の比較」「HP Blade System c-Classのご紹介」の3部構成。

「今、なぜブレードなのか?」では、IT投資における維持・管理のコスト=守りのコストを削減することで、投資額を抑制しつつも「攻めのIT」に転化するというIT戦略コンセプトに基づく、同社のトータルなブレードシステムの備える利点を解説する。

「従来の管理手法と新しい管理手法の比較」においては、初期導入段階から運営に至るまでの管理手法に着目し、運営の労力を含めたコスト削減について提案している。

 本講演の目玉とも言える「HP Blade System c-Classのご紹介」では、次世代型ブレードシステムとして、デュアルコアプロセッサ、2.5インチSAS、Fully Buffered DIMMなどの特徴、HP Blade System c-Classの機能特長について豊富な写真とドキュメントを基に解説する。

 導入効果から技術まで詳細に解説されており、ブレードシステムについて理解したい、あるいは導入を検討するITマネージャー必見の講演会である。

(お使いのパソコンの環境によって、起動に時間がかかる場合があります)