2006年11月06日 00時00分 公開
PR

グループウェアに新旋風!? 情報共有のあるべき姿を「Groove」に凝縮Microsoft Office Groove 2007速報

社内外におけるコラボレーションをワークスペースという機能を用いて円滑にこなすことができる情報共有ツール「Microsoft Office Groove 2007」。すでに発表されている米国では高い評価を得ており、これまでのコラボレーションツールに比べ、スピーディーに情報共有環境を実現できる要素を備えているのが大きな特長だ。その気になる内容を見てみよう。

[TechTarget]

「Microsoft Office Groove 2007(以下、Groove)」は、最新のビジネス環境にマッチングしたコラボレーションツールとしてOfficeシリーズにラインアップされたソフトウェアだ。開発を担当したのはグループウェアの代表格でもあるLotus Notesの生みの親、レイ・オジーということもあり、彼の考え出したユニークな発想と合理性に富んだ仕様となっているのが特長である。

 社内や取引先との「情報」のやり取りを行う際、電子メールや電話だけでは効率的に情報共有できない不満を感じたことはないだろうか。Grooveは、氾濫する情報を使いやすく管理し、効率的な情報共有を行うための基盤(ワークスペース)を提供することで不満を解決し、チームの生産性を向上してくれるのだ。

 現在、ほかにも同じようなコラボレーション環境を提供しているグループウェア製品はあるが、社外のメンバーを招待したり、外出先からログインしたりする場合にはIT部門のサポートが必要になるケースが多い。セキュリティの観点からみても複雑で高度な権限管理などを行う必要があるため、これまでは実際に乗り越えるべきハードルは高かったのが実情だ。