大日本印刷、ICカードを利用したPC不正利用防止ソフトを開発NEWS

大日本印刷は、ICカードを利用してPCの不正利用を防止するソフトウェア「エンドポイントセーバー・プラス®」を開発、4月1日より発売する。

2007年03月05日 20時34分 公開
[ITmedia]

 大日本印刷は3月5日、ICカードを利用してPCの不正利用を防止するソフトウェア「エンドポイントセーバー・プラス®」を開発、4月1日より販売を開始すると発表した。

 同社では2005年10月より、非接触ICカードFeliCaとPINによる本人認証により、PCの不正利用を防止する低価格なセキュリティシステム「エンドポイントセーバー」を販売している。

 今回発表したソフトウェアでは、PC利用者の操作ログ管理機能を新たに追加した。これにより、日本版SOX法において必要である厳重なアクセス管理とログ収集が可能となり、より高度なオフィスセキュリティを実現できるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...