2007年03月05日 20時34分 公開
ニュース

大日本印刷、ICカードを利用したPC不正利用防止ソフトを開発NEWS

大日本印刷は、ICカードを利用してPCの不正利用を防止するソフトウェア「エンドポイントセーバー・プラス®」を開発、4月1日より発売する。

[ITmedia]

 大日本印刷は3月5日、ICカードを利用してPCの不正利用を防止するソフトウェア「エンドポイントセーバー・プラス®」を開発、4月1日より販売を開始すると発表した。

 同社では2005年10月より、非接触ICカードFeliCaとPINによる本人認証により、PCの不正利用を防止する低価格なセキュリティシステム「エンドポイントセーバー」を販売している。

 今回発表したソフトウェアでは、PC利用者の操作ログ管理機能を新たに追加した。これにより、日本版SOX法において必要である厳重なアクセス管理とログ収集が可能となり、より高度なオフィスセキュリティを実現できるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...