NECとトレンドマイクロ、新パートナー制度の成果となる検疫システムを発表NEWS

NECとトレンドマイクロは、新パートナー制度「InfoCage WORKS」の成果第1弾として、両社の協業による検疫システムが4月2日から利用可能になることを発表した。

2007年03月27日 17時35分 公開
[TechTarget]

 NECとトレンドマイクロは3月27日、新パートナー制度「InfoCage WORKS」の成果第1弾として、両社の協業による検疫システムが4月2日から利用可能になることを発表した。具体的には、NECの不正接続検知アプライアンス「InterSec/NQ30b」とトレンドマイクロの法人向け総合セキュリティソフト「ウイルスバスター コーポレートエディション」が連携するツールを提供し、中小企業における検疫システムの導入と運用を促すというもの。

 InfoCage WORKSは、NECが2007年1月に発表した「協調型セキュリティ」のコンセプトに基づき、製品連携を目的とした新しいパートナー制度。今回の連携ツールの提供は、その第1弾となる。本ツールによって、「ウイルスバスター Corp.」の管理サーバが収集したクライアント情報を「WebSAM SecureVisor SiteManager」へ定期的に受け渡し、自動登録・変更が可能となる。なお、本ツールは「InterSec/NQ30b」と「WebSAM SecureVisor SiteManager」を利用中または新規購入するユーザーにNECから無償で提供される。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...