日立ソフトが「秘文」を機能強化、情報漏えい抑止の新製品も発売NEWS

日立ソフトが、情報漏えい防止ソリューション「秘文」シリーズの機能強化版「秘文Ver.7.8」、および透かし印刷による情報漏えい抑止製品「Watermark Print for 秘文」を発売する。

2007年04月26日 20時48分 公開
[TechTarget]

 日立ソフトは4月26日、情報漏えい防止ソリューション「秘文」シリーズの機能強化版として「秘文Ver.7.8」と、透かし印刷による情報漏えい抑止製品「Watermark Print for 秘文」を、ともに4月27日より発売すると発表した。秘文Ver.7.8では、システム管理者および利用者の負担を軽減するために運用性、操作性を向上。特にメール送信制御製品である「秘文AE MailGuard」には、添付ファイルを暗号化ファイルに変換する際の復号用パスワードを自動生成する機能を付加し、メール送信時の負担が軽減されている。さらに、「Microsoft Windows Server 2003 x64 Edition」「Microsoft Office 2007」「Internet Explorer 7」など、対応プラットフォームを拡大した。

 Watermark Print for 秘文は、秘文シリーズである「秘文AE Watermark Print」の強制透かし印刷機能をクライアントPC単独で使用したいというユーザーの要望を受けて製品化したもの。クライアントPCからの印刷物に強制的に透かし情報(会社名、WindowsユーザーID、マシン名、印刷時刻など)を挿入できる。Citrix Systems社製品「Citrix Presentation Server(旧MetaFrame)」によるシンクライアントシステム導入環境でも動作する。サーバのない環境でも使用可能だが、「秘文AE Server」と併用することで、ポリシーの集中管理やログの収集管理が可能になるという。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...