2007年05月18日 20時46分 公開
ニュース

エフ・エフ・シー、企業の内部統制やコンプライアンスを支援するセキュリティソフトを発売NEWS

エフ・エフ・シーが、Windowsの操作制限機能やファイルの強制暗号化機能により情報漏えい対策を行うソフトウェア「InfoBarrier5」を発売する。企業の内部統制、コンプライアンスを情報セキュリティ面から支援する機能が追加された。

[TechTarget]

 エフ・エフ・シーは、Windowsの操作制限機能やファイルの強制暗号化機能により情報漏えい対策を行うソフトウェア「InfoBarrier4」をバージョンアップし、新たに企業の内部統制、コンプライアンスを情報セキュリティ面から支援する機能を追加した「InfoBarrier5」を5月23日より発売すると発表した。価格は、全製品が同梱されるソフトウェア「BarrierSeries Media Pack2」が3800円、ライセンスは7900円からとなっている(ともに税別)。

 新バージョンでは、クライアントPCの操作をリアルタイムに監視するアラート機能が追加され、また操作ログ監視機能が強化されたという。アラート機能では、外部媒体接続、アプリケーション起動、印刷行為、Webサイトへのアクセス、添付ファイル付きメール送信などの監視対象項目をあらかじめ指定することでリアルタイムの監視を行い、結果をシステム管理者および本人に通知する。また操作ログ監視機能では、従来のクライアントのファイル操作ログ、Webサイトへのアクセスログ、添付メール送信ログ、印刷ログの監視機能に加え、アプリケーションの起動/終了ログ、メッセンジャー利用ログ、外部媒体接続ログ、ファイルサーバへのファイル操作ログを取得できるようになった。これにより、クライアントPCの操作を監視し監査証跡として残すことができ、情報漏えい時の追跡に役立てるだけではなく、情報セキュリティにおける内部統制にも役立つとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、さらにITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...