ライフボート、機密情報の漏えいを阻止するアクセス制御ツールを発表NEWS

ライフボートが、機密情報の漏えいを阻止するアクセス制御ツールとして「AccessBlocker EX Version 3.0 with EagleEyeOS」を発表した。6月22日より販売を開始する。

2007年05月21日 19時44分 公開
[TechTarget]

 ライフボートは5月21日、ハンガリーEagleEyeOS社が開発したアクセス制限ツールの日本語版「AccessBlocker EX Version 3.0 with EagleEyeOS」およびそのエントリモデル「AccessBlocker Version 3.0 with EagleEyeOS」を6月22日より販売開始すると発表した。本製品は、ドライブ、フォルダ、ファイルの隔離機能や、ほかのコンピュータ、ユーザー、プロセス、デバイスごとの管理対象領域へのアクセス制御によって、内部からの情報流出を阻止する情報漏えい対策ソフトウェア。また、ファイルアクセスやイベントログの収集および監視/警告機能も備えている。

 本製品の導入により、ユーザーごとのアクセス制限による第三者からのアクセス遮断(EXのみ)や、アクセス権限のあるユーザーでも、情報持ち出しを禁止すること(EXのみ)、コンピュータに接続される可能性のあるデバイスからの情報漏えいの阻止、共有フォルダへのほかのコンピュータからのアクセス制御、リムーバブルメディアを使った情報持ち出しの阻止、警告やログの送信による証拠保全、リモート接続によるセキュリティポリシー管理の標準化と簡易化(EXのみ)などを実現することができるとしている。また、ライフボートでは、本製品を活用した情報ライフサイクル管理セミナーを6月7日に無料で実施する。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、さらにITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...