2007年05月28日 18時19分 公開
ニュース

日本コムシス、入退室管理などを含めたセキュリティソリューションを強化NEWS

日本コムシスが、個人情報漏えい対策や不審者の侵入を防ぐための入退室管理などを含めたセキュリティソリューションの販売体制を、より一層強化する。

[TechTarget]

 日本コムシスは5月28日、個人情報漏えい対策や、不審者の侵入を防ぐための入退室管理などを含めたセキュリティソリューションの販売体制を、より一層強化すると発表した。同社はこれまで多くのセキュリティソリューションを提供しており、自治体や大手証券会社などへの導入実績がある。

 同社のセキュリティソリューションは、ICカードや指紋認証、静脈認証による入退室管理やPCのログイン管理、Webカメラを活用した遠隔地での監視など。顧客の環境に合わせて機能を組み合わせることにより、それぞれの用途に適したセキュリティ環境を構築することが可能となっている。同社は、自社ソリューションをいち早く自社導入し、ケーススタディとして顧客に公開している。また、個人情報や機密性の高い情報が含まれるデータファイルの暗号化を、コムシスグループの企業も含めた約1万人の社員を対象に義務付けている。データの復元は、社員に配布された専用のICカードによって認証が行われたときのみ可能となる。

 日本コムシスは今後、セキュリティソリューションを構成する製品/システムの拡充を図ると同時に、コンサルティングから導入後の保守/運用までのワンストップサービスを展開していくという。今年度は8億円の売り上げを目標に、同ソリューションを自治体や一般企業に販売していくとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、さらにITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...