2007年06月04日 20時12分 公開
ニュース

ソニックウォール、小規模向けUTMアプライアンスのプラットフォームを強化NEWS

ソニックウォールが、小規模ネットワーク向けのUTMアプライアンス「SonicWALL TotalSecure」の、新プラットフォーム「TZ 180」搭載モデルを日本市場で販売開始する。

[TechTarget]

 ソニックウォールは6月4日、小規模ネットワーク向けのUTM(統合脅威管理)アプライアンス「SonicWALL TotalSecure 10/25/50」用の新しいプラットフォーム「TZ 180」を、日本市場で販売開始すると発表した。SonicWALL TotalSecureは、ファイアウォール、VPN、ゲートウェイアンチウイルス、アンチスパイウェア、IPS(侵入検知/防御)、コンテンツフィルタリングなど、包括的なセキュリティ機能を1台のアプライアンスで提供するもの。

 新しいプラットフォームとなるTZ 180は、既存の「TZ 170」と比較してメモリが2倍に増強され、高速なスキャンが可能となったほか、レポート機能が強化されるなど、使いやすさが向上しているという。「SonicOS Standard 3.8」に新たに搭載された「セキュリティ・ダッシュボード」により、世界に拡散する脅威をリアルタイムに把握し、対応状況をレポートするほか、設定/登録およびライセンス更新のウィザードが刷新されている。また、OSを「SonicOS Enhanced」へアップグレードした場合、TZ 180のポートをそれぞれ異なるネットワークあるいはセキュリティゾーンに割り当てて個別に管理できる「PortShield」機能の利用が可能になるとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...