2007年06月04日 20時12分 公開
ニュース

ソニックウォール、小規模向けUTMアプライアンスのプラットフォームを強化NEWS

ソニックウォールが、小規模ネットワーク向けのUTMアプライアンス「SonicWALL TotalSecure」の、新プラットフォーム「TZ 180」搭載モデルを日本市場で販売開始する。

[TechTarget]

 ソニックウォールは6月4日、小規模ネットワーク向けのUTM(統合脅威管理)アプライアンス「SonicWALL TotalSecure 10/25/50」用の新しいプラットフォーム「TZ 180」を、日本市場で販売開始すると発表した。SonicWALL TotalSecureは、ファイアウォール、VPN、ゲートウェイアンチウイルス、アンチスパイウェア、IPS(侵入検知/防御)、コンテンツフィルタリングなど、包括的なセキュリティ機能を1台のアプライアンスで提供するもの。

 新しいプラットフォームとなるTZ 180は、既存の「TZ 170」と比較してメモリが2倍に増強され、高速なスキャンが可能となったほか、レポート機能が強化されるなど、使いやすさが向上しているという。「SonicOS Standard 3.8」に新たに搭載された「セキュリティ・ダッシュボード」により、世界に拡散する脅威をリアルタイムに把握し、対応状況をレポートするほか、設定/登録およびライセンス更新のウィザードが刷新されている。また、OSを「SonicOS Enhanced」へアップグレードした場合、TZ 180のポートをそれぞれ異なるネットワークあるいはセキュリティゾーンに割り当てて個別に管理できる「PortShield」機能の利用が可能になるとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

コロナ禍のマーケティング活動 今後注力する取り組みの最多は「SNS活用/SNS広告」――AMN調査
新型コロナウイルス感染拡大がマーケティング活動へ及ぼした影響について、約160社に調査...

news057.jpg

パナソニックが実践するCDP活用 コモディティ化した家電を「買ってもらうための訴求」とは
CDP(Customer Data Platform)を活用した広告運用、Webサイト最適化、そして顧客理解の...

news089.jpg

マーケティング担当者に聞いた動画活用に関する意識調査――GMOプレイアドとGMOリサーチ
動画広告への期待度と課題について、企業のマーケティング担当者に聞いています。【訂正】