パスロジ、ニンテンドーDSにも対応する「パスロジ!ASP」に料金プランを追加NEWS

パスロジが、ワンタイムパスワード認証サービス「パスロジ!ASP」に、企業内利用向けの料金体系を設定するとともに、マルチデバイスに対応するトークンアカウント機能を追加した。

2007年06月06日 17時48分 公開
[TechTarget]

 パスロジは6月6日、ワンタイムパスワード認証サービス「パスロジ!ASP」に、企業内利用向けの料金体系を設定するとともに、マルチデバイスに対応するトークンアカウント機能を同日より追加したと発表した。新たな料金体系では、トークンアカウント・トークンソフトウェア費用が無料なため、どのような規模の企業でも初期設定費3150円(税込)のみで利用を開始できる。月額料金は10人で1995円、100人で5775円(ともに税込、1人当たり平日1日1回の利用の場合)となる。また、認証費用を固定化したい企業向けに「Aプラン」「Bプラン」の2つの月額料金固定プランを用意した。「Aプラン」は、何回認証を利用しても、10人限定で2625円(税込)の固定料金。「Bプラン」は、何人で利用しても月額5万4075円(税込)の固定料金。

 新技術「マルチデバイストークンアカウント機能」により、ドコモ・au・ソフトバンクの携帯電話のほか、ウィルコムのフルブラウザ搭載PHS、シンクライアントPC、ノートPC、デスクトップPC、PDA、PSP、ニンテンドーDSなどを「ワンタイムパスワードトークン」として利用できる。現在利用中の機器をそのままトークンとして利用できるため、持ち物を増やさず、配布の手間もなく、ユーザーフレンドリーにワンタイムパスワードを導入できるとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。