2007年07月02日 00時00分 公開
PR

大〜小規模向けまで、規模と用途に応じて使い分けるコールセンター最新事情トータルアウトバウンドコンタクトセンターソリューション「SoftDialer シリーズ」

市場拡大の手段とともに、顧客のリピート率を上げるという期待から、中堅/中小企業を中心にアウトバウンド型コールセンターに対するニーズが高まっている。多くのCTIシステムは、大規模・インバウンドを対象にしているが、最近は小・中規模までをカバーしたアウトバウンド型コールセンターソリューションが登場してきた。こうしたソリューションを、最小の投資で最大の効果を上げるように導入するにはどうすればいいか。

[提供:JFEシステムズ株式会社]

 効果的なマーケティング手法として、テレマーケティングに注目が集まったのは10年ほど前のこと。北海道や沖縄などの地方では、豊富な人材と安価な土地を背景に、次々と大規模コールセンターが設立されていった。

 そうしたコールセンター事情が、少しずつ変化している。まず、新規顧客はもちろん、既存顧客からの注文リピート率を高めるために、アウトバウンド(企業側から電話をかけるマーケティング活動)型のコールセンターに対するニーズが高くなってきたこと。特に、中堅/中小企業などを中心に、アウトバウンドに対する期待が高くなっているようだ。

 その一方で、コールセンター構築に必要なCTIシステムは、大規模・高価格なものが多く、アウトバウンドのニーズを満たせるものは、実は非常に数少なかった。ところが最近、こうしたニーズをくむコールセンターソリューションがリリースされた。


提供:JFEシステムズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部