富士通、オフィス向けの高コストパフォーマンス静音エントリーサーバ発売NEWS

30デシベル以下の静音性とSATAハードディスクの採用で低価格化を実現した1Wayエントリーサーバ

2007年07月20日 18時49分 公開
[TechTarget]

 富士通は7月20日、1Wayエントリーサーバ「PRIMERGY ECONEL 100」を同日より発売開始したと発表した。本製品は30デシベルを下回る静音性を実現するとともに、SATAハードディスクを採用した小規模企業向けサーバ。ハードディスクの故障によるデータ消失を防ぐために、同一のデータを2台のハードディスクに書き込むRAID1を全タイプに標準で採用している。これにより、小規模事業所や学校などでも高処理性能サーバを低コストで導入できるとしている。

 CPUには、1つのCPU内に2つのCPUコアを集積するデュアルコア・プロセッサ「インテル Pentium D プロセッサ 945(3.40GHz)」を採用。メモリモジュールにはDDR2 SDRAM(PC2 4200)を採用し、毎秒最大8.4Gバイトのメモリアクセスを実現している。ハードディスクにはSATAを採用。ディスク容量は80Gバイト、160Gバイト、500Gバイトの3種類から選択できる。なお、新商品の販売開始に当たり、同日から9月28日まで期間限定の新発売キャンペーンモデル(5構成)を販売する。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...