2007年07月20日 18時49分 公開
ニュース

富士通、オフィス向けの高コストパフォーマンス静音エントリーサーバ発売NEWS

30デシベル以下の静音性とSATAハードディスクの採用で低価格化を実現した1Wayエントリーサーバ

[TechTarget]

 富士通は7月20日、1Wayエントリーサーバ「PRIMERGY ECONEL 100」を同日より発売開始したと発表した。本製品は30デシベルを下回る静音性を実現するとともに、SATAハードディスクを採用した小規模企業向けサーバ。ハードディスクの故障によるデータ消失を防ぐために、同一のデータを2台のハードディスクに書き込むRAID1を全タイプに標準で採用している。これにより、小規模事業所や学校などでも高処理性能サーバを低コストで導入できるとしている。

 CPUには、1つのCPU内に2つのCPUコアを集積するデュアルコア・プロセッサ「インテル Pentium D プロセッサ 945(3.40GHz)」を採用。メモリモジュールにはDDR2 SDRAM(PC2 4200)を採用し、毎秒最大8.4Gバイトのメモリアクセスを実現している。ハードディスクにはSATAを採用。ディスク容量は80Gバイト、160Gバイト、500Gバイトの3種類から選択できる。なお、新商品の販売開始に当たり、同日から9月28日まで期間限定の新発売キャンペーンモデル(5構成)を販売する。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。