東芝ITサービス、複数サーバのセキュリティ対策状態の一括診断・管理ツールNEWS

拠点から一斉にサーバを診断、システム管理者の運用負担を軽減

2007年08月08日 23時44分 公開
[TechTarget]

 東芝ITサービスは8月8日、複数サーバのセキュリティ対策状態を一括に診断・管理する統合型セキュリティ診断ツール「セキュドック<センター>」の販売を開始したと発表した。本製品は、同社のホスト型セキュリティ診断ツール「セキュドック<スタンダード>」に集中管理する仕組みを付加した製品。セキュドック<スタンダード>は、診断対象サーバのセキュリティポリシーの対策状況に対し、アカウント、システム監査、パスワード、セキュリティパッチなど200項目を超える検査を実施/レポートするホスト型セキュリティ診断ツール。

 今回発売されたセキュドック<センター>はセキュドック<スタンダード>の機能に加え、全国に点在するサーバにエージェントをインストールしてそれぞれをネットワークで接続することで、拠点からの一斉セキュリティ診断を可能にしている。これにより、診断結果の自動集計や集計レポートの作成など、システム管理者の運用負担の軽減を実現できるという。また、集計レポート機能によるポリシー対策状況不一致の発見や、部門別セキュリティポリシー運用に対応するポリシーカスタマイズが可能となっている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...