2007年10月22日 00時00分 公開
PR

仮想化技術でFT & HAシステムを構築デルのPowerEdgeで実現する低コストの無停止・高可用サーバ

Windowsシステムの可用性を向上させる低コストのソリューションが登場した。デルのIAサーバと米Marathon Technologiesの「everRun」を組み合わせた、クラスタリング手法を超える仕組みとは? Marathonの上級副社長が明かす、次世代のサーバ仮想化計画とは?

[提供:デル株式会社]

 ITとビジネスの関係性が深まるにつれ、幅広いビジネス領域に採用しているWindowsシステムのミッションクリティカル性が高まっている。ここで課題となるのが、どのようにして可用性を確保するか。計画・計画外停止に備えて、確実なシステム冗長化が不可欠である。

 各レイヤのベンダーから、さまざまなソリューションが提案されている。だが、ユーザーからすると、以下の理由などから、いまひとつ決め手となるソリューションはなかった。

  • 技術が特定のアプリケーションやハードに依存している
  • 技術の実装が非常に複雑
  • 高度な運用スキルが求められる
  • コストが高い
  • 言われるほど可用性が高まらない

 こうしたユーザーの不満を解消し、究極の可用性を実現する新しいソリューションが登場した。ハード面から高可用性をもたらすデルのIAサーバと、仮想化技術とフォールトトレランス技術を融合したソフトウェア製品「everRun」の組み合わせだ。

提供:デル株式会社

提供:デル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部