2007年10月23日 15時00分 公開
PR

総合メールセキュリティ対策「InterScan Messaging Security Suite」ボット型ウイルスの脅威にも対応する包括的メールセキュリティ

ウイルスの侵入経路はさまざまだが、電子メール経由の侵入は依然として多い。最近はスパムメールを介して侵入するトロイの木馬型ウイルス、そしてボット型ウイルスも存在し、セキュリティ製品による検出網をかいくぐる技術も高度化している。これからは、スパムメール対策を含めた包括的なメールセキュリティ対策が必要なのだ。

[提供:トレンドマイクロ株式会社]

 企業を狙う外部からの攻撃はウイルスメールやスパムメールなど、依然として電子メール経由でやってくるものが多い。最近では不正ファイルを添付せずにスパムメールに埋め込まれたURLのリンク先からボットなどの不正プログラムをダウンロードさせたり、相手の個人情報を引き出そうとするフィッシング詐欺も横行しており、普通のHTMLメールと勘違いして「ついうっかり」URLをクリックしてしまう危険も少なくない。情報漏えいは、電子メールという身近なツールにも潜んでいるのだ。企業は、早急にメールセキュリティ対策を導入する必要があるだろう。

 しかし、従来のウイルスパターンファイルに頼った検知技術では、進化したウイルスやスパムメールを排除することは難しい。ウイルスパターンファイルに追い付かれないように、次々と作り出される変種・亜種といった脅威は、対策側も最新技術を持って対応しなければならないのだ。その最新技術の1つである独自開発技術「IntelliTrap」を搭載するのがトレンドマイクロの「InterScan Messaging Security Suite(IMSS)」だ。

提供:トレンドマイクロ株式会社

提供:トレンドマイクロ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部