2007年10月25日 00時00分 公開
PR

VPNの使い分けでムダをなくし、バックアップとネットワークの高速化も実現2つのVPN複合型ネットワーク「Dual Active VPN」導入事例

1934年の創立以来、地域密着型の医薬品卸売業として確実な実績を上げてきた常盤薬品株式会社は、地域の医療機関に対するきめ細かな営業活動を支えるため、大幅なネットワークの見直しを行った。そこで採用したのが「Dual Active VPN」である。このVPNソリューションには、ほかにない大きな魅力があったという。

[提供:NTTコミュニケーションズ株式会社]
photo

 常盤薬品は、山口県宇部市に本拠地を構え、中国地方を中心に22の支店・営業所を展開する医薬品卸売事業者。1934年の創立以来、地域密着型卸の雄として発展を続けてきた。製品や機器を豊富に品ぞろえし、迅速かつ安定的に届けるため、同社では早くからビジネスの情報化に努めてきた。だが、予想以上にシステムが大きくなり、ネットワーク環境がそれを支えきれなくなってきたことから、抜本的な見直しを決断。同社が選択したのは、2つのVPNを効率よく活用できるNTTコミュニケーションズの「Dual Active VPN」だった。数あるVPNソリューションの中から、同社がこのサービスを選択した理由とは何だったのか。


提供:NTTコミュニケーションズ株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部