NAC(ネットワークアクセス制御)Keywords

2007年10月31日 17時29分 公開
[TechTarget]

 NAC(ネットワークアクセス制御)は、ネットワークリソースの利用を、定められたセキュリティポリシーに準拠したデバイスだけに限定することによって社内ネットワークのセキュリティを強化する手法である。「ネットワークアドミッションコントロール」と呼ばれることもある。

 従来のNAS(ネットワークアクセスサーバ)は、ログイン情報を確認することによってユーザーの認証・承認を行う。NACではこれらの機能に加え、個々のユーザーがアクセスできるデータを制限するとともに、ファイアウォール、ウイルス対策ソフトウェア、スパイウェア検出プログラムといった脅威対策アプリケーションも利用する。さらにNACは、個々のユーザーが接続した後で実行できる機能を制御・制限する。既に数社の大手ネットワーキング/ITベンダーがNAC製品を提供している。

 NACは、ユーザー環境を厳格にコントロールできる企業や組織に適している。しかし、さまざまなユーザーやデバイスが多数存在し、その性質が絶えず変化するようなネットワークにNACを導入するのは現実的ではないと考える管理者もいる。そのようなネットワークの一例として、多くの学部を抱え、無数のアクセスポイントが配備されており、さまざまなバックグラウンドと目的を持った何千人もの学生がいる総合大学のネットワークが挙げられる。

ITmedia マーケティング新着記事

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...