2007年11月09日 15時10分 公開
特集/連載

SPF(Sender Policy Framework)Keywords

[TechTarget]

 SPF(Sender Policy Framework)は、メール送信者のインターネットドメインを認証できるようにするスパム対策手法である。これにより、電子メールの送信元を偽装する手法(「電子メールスプーフィング」と呼ばれる)を用いるスパムメール送信者の狙いを阻止する。SPFやDomain Keysなどのスパム対策構想の基本コンセプトは、受信したメッセージが、記載されたドメイン以外から送信されたものかどうかをメールサーバが容易に判断できるようにするというものだ。

SPFの仕組み

 SPF規格は、ポリシーフレームワーク、認証スキームおよび機械可読言語を定義している。各参加ドメインは、そこから発信されるメールを一義的に記述する属性(承認された送信者など)を宣言する。この記述はSPFレコードに記載され、SPFレコードはDNS(Domain Name System)レコード内で発行される。SPFクライアントプログラムは、メッセージが承認されたソースから送信されたものかどうかを判断するために、正しいSPFレコードを検索するクエリを実行する。クエリの結果は、「合格」「不合格」など全部で7種類ある。「合格」はそのメッセージが正規のメッセージに対するドメインの定義に合致することを意味する。「不合格」はメッセージがこの要件を満たさないことを意味する。そして、どちらの分類にも当てはまらないメール(SPFデータを発行していないドメインから送信されたメールなど)について、さらに幾つかの規定が設けられている。

 SPFをはじめとする認証ベースの手法は、電子メールの送信に使用される主要プロトコルであるSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)の脆弱性を補うことを目的としたもの。SMTPは認証メカニズムを備えていない。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...