2007年11月09日 15時10分 公開
特集/連載

SPF(Sender Policy Framework)Keywords

[TechTarget]

 SPF(Sender Policy Framework)は、メール送信者のインターネットドメインを認証できるようにするスパム対策手法である。これにより、電子メールの送信元を偽装する手法(「電子メールスプーフィング」と呼ばれる)を用いるスパムメール送信者の狙いを阻止する。SPFやDomain Keysなどのスパム対策構想の基本コンセプトは、受信したメッセージが、記載されたドメイン以外から送信されたものかどうかをメールサーバが容易に判断できるようにするというものだ。

SPFの仕組み

 SPF規格は、ポリシーフレームワーク、認証スキームおよび機械可読言語を定義している。各参加ドメインは、そこから発信されるメールを一義的に記述する属性(承認された送信者など)を宣言する。この記述はSPFレコードに記載され、SPFレコードはDNS(Domain Name System)レコード内で発行される。SPFクライアントプログラムは、メッセージが承認されたソースから送信されたものかどうかを判断するために、正しいSPFレコードを検索するクエリを実行する。クエリの結果は、「合格」「不合格」など全部で7種類ある。「合格」はそのメッセージが正規のメッセージに対するドメインの定義に合致することを意味する。「不合格」はメッセージがこの要件を満たさないことを意味する。そして、どちらの分類にも当てはまらないメール(SPFデータを発行していないドメインから送信されたメールなど)について、さらに幾つかの規定が設けられている。

 SPFをはじめとする認証ベースの手法は、電子メールの送信に使用される主要プロトコルであるSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)の脆弱性を補うことを目的としたもの。SMTPは認証メカニズムを備えていない。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...