2007年11月20日 00時00分 公開
PR

統合アイデンティティ管理サービスを提供する「CA Identity Manager」“ID統合基盤”の導入が生産性・安全性・内部統制を強化する

企業内で利用されるシステムの増加に伴い、ユーザーのアカウント管理に掛かる負担が増している。IDC Japanの調査結果とともに、アカウント管理にかかわる諸問題を包括的に解決するID統合管理ソリューションの効果にスポットを当てる。

[提供:日本CA株式会社]

 今日、業務遂行のために利用されるシステムの数は増加の一途をたどっている。そのすべてを網羅しながら適切かつ迅速にID管理を行うことは、エンドユーザーにとっても情報システム部門にとっても大きな負担となりつつある。ID管理の不備は、今や企業にとって大きなリスク要因と認識されている。この困難な状況を打開するために開発された日本CAの「CA Identity Manager」は、ID統合管理基盤として、企業が持つ多様なシステム資源のアカウント管理をこれ1つで包括的に行える。情報システム部門での管理工数を大幅に削減してくれる切り札ともいえるだろう。

提供:日本CA株式会社

提供:日本CA株式会社
アイティメディア営業企画/制作:TechTarget編集部